誰も教えてくれないフェアウェイウッドの打ち方の真実とコツ

フェアウェイウッド フェアウェイウッドの打ち方や練習方法

フェアウェイウッドを上手に打てるようになると、ゴルフのスコアを作りやすくなります。しかしアマチュアゴルファーにはフェアウェイウッドに苦手意識を持っている人が非常に多く、「キャディバッグに入れているだけ」というゴルファーもたくさんいます。

フェアウェイウッドの打ち方は、アイアンとは違います。フェアウェイウッドを上手に打つためには、必ず基本的な打ち方と「コツ」をつかむ必要があります。

スポンサーリンク

フェアウェイウッドの特徴

フェアウェイウッドの打ち方をマスターする上で、フェアウェイウッドの特徴を知っておくことは大切です。

フェアウェイウッドは

  • シャフトが長い
  • ヘッドの後ろ側が丸く出っ張っている
  • ボールが高く上がる
  • 飛距離を稼げる

などの特徴を持っています。特に「ボールが高く上がる」ことと「飛距離を稼げる」というのは、ゴルフでは非常に有利です。

しかし、フェアウェイウッドの大きな特徴である「シャフトが長い」「ヘッドの後ろが出っ張っている」ことが、フェアウェイウッドを難しくしているという事実は、意外と知られていません。

なぜフェアウェイウッドは難しいのか?

ゴルフクラブはシャフトの長さが長くなればなるほど難しくなります。

理由のひとつめは、ボールと体の距離が離れることです。短いゴルフクラブは操れますが、長くなると操作性は難しくなります。そのためフェアウェイウッドには「慣れ」が必要になります

ふたつめは、長いことにより起こる「振り遅れ」です。長い分スイング円の半径が大きくなるので、短いクラブとはインパクトのタイミングが異なります

長さ以外にも難しくする要素があります。それはフェアウェイウッド特有の構造です

フェアウェイウッドを構えてみると、ヘッドの右側がポッコリと出ています。これは右側が重いということを意味しています。

右側が重たいと、スイング中にクラブが右側に倒れてシャフトが寝ます。アイアンに比べると遥かに右側に重心が寄っているため、シャフトが寝ないようにしないとダフりやトップ、プッシュスライスなどのエラーが頻発します

あなたは大丈夫?フェアウィウッドが打てないのは「こんな人」

フェアウェイウッドがなぜ難しいのかという理由について説明をしました。この理由を知らないと、次のように「フェアウェイウッドがずっと打てない人」になってしまいます。

フェアウェイウッドの練習が少ない

フェアウェイウッドは長いクラブなので、触れる機会を多くして慣れることが大切です。「フェアウェイウッドが苦手だから」と避けていては、フェアウェイウッドはずっと打てません。

力んで手元が縮こまる

フェアウェイウッドは飛距離が出るクラブです。なのに飛ばそうとして肩や腕に力が入ってしまうと、インパクトで伸びあがるようにして腕が縮こまりクラブがボールに届かなくなってトップします

ボールを右に置きすぎる

フェアウェイウッドでトップのミスが出やすい人がよくやる間違いです。フェアウェイウッドはゴルフクラブの中でも長いため、ボールを右側に置くと余計に振り遅れやすくなります

右側に置くとロフトが立ち過ぎてしまうため、球が上がらないという事態になります。

スライスしたくないからロフトをかぶせる

スライスが出るからといって、フェアウェイウッドのロフトをかぶせて構える人が多いですが、これではフェアウェイウッドの良い点を活かせません。フェースをかぶせることによってロフトが立ち、球が上がらなくなってしまうからです

シャフトが寝ている

フェアウェイウッドが打てない人の多くは、ゴルフクラブの正しい使い方を知りません。特にフェアウェイウッドは右側が重たいため、シャフトが寝やすくなり様々なミスを引き起こします。シャフトが寝ないようにする方法を知らないからです。

>>手前から滑らせてもダメな理由

フェアウェイウッドの打ち方について検索をすると、必ずといっていいほど「手前からソールを滑らせるように」と書かれています。しかしこの方法でうまくいかない人も多いのではないでしょうか?

表現としては間違っていないのですが、そもそもシャフトが寝て下からクラブが入る人に「手前から滑らせなさい」と指導をしても、悪い動きを助長してしまうだけなんです

こういう人はボールのかなり手前からソールが跳ねてトップするか大ダフリになるでしょう。

フェアウェイウッドの打ち方とコツ

構え方のコツ

フェアウェイウッドを上手く打つためには、まずは準備として正しい構え方を知らなければいけません。

ボール位置の基本は左脇の下

フェアウェイウッドは長いので振り遅れやすいゴルフクラブです。インパクトまでの時間稼ぎをしたいので、ボールは左側に置きます。目安としては左脇の下あたり。ここに置くことでフェアウェイウッドのソールが地面にピッタリと着き、ロフト通りの高さを出せるでしょう。

フェアウェイウッドの打ち方は正しいボール位置で決まる!」という私の記事では、ボールを左脇の下にセットする理由について触れています。

少しだけ肘を曲げて構える

長いゴルフクラブを扱うのに「力み」は大敵です。構えるときに両肘を少しだけ曲げて構えることで、肩や腕の力が抜けます

インパクトでは遠心力で曲げた肘が伸びていくので、ボールに届かずにトップするなんてことはありません。

フェアウェイウッドが上手くいく打ち方のコツ

「ゴロでもいい」と思って打つ

フェアウェイウッドで一番やってはダメな打ち方が、ボールを上げようとすることです。

フェアウェイウッドを上手く打つコツは、とにかく上げようとしないことです。「ゴロでもいい」と割り切って打つと、レベルブローにクラブが入りやすくなり、ボールはロフト通りに上がってくれます。

スライスを打つ

あおり打ちの癖のある人は、思い切って左から右に曲がるスライスを打つイメージが上手くいきます。極端なインサイドアウトをアウトサイドインのイメージで打ち消すわけです。

ボールの先にあるもう一つのボールを打つイメージ

フェアウェイウッドが打てない人は、ボールに当てに行く傾向があります。それを防止するために、実際のボールの10センチ先にあるもう一つのボールを打つイメージを持つと、フォローが低く長くなるのでボールを拾いやすくなります。

フェアウィウッドが打てるようになる練習方法

フェアウェイウッドで大切なのは、まずはフェアウェイウッドに慣れることです。方法を工夫することで、フェアウェイウッドの苦手意識を取り除きましょう。

高くティーアップしたボールを打つ

フェアウェイウッドで上手くボールを打つためには、レベルブローのスイングが理想的です。

かなり高くティーアップしたボールをフェアウェイウッドで打つには、あおり打ちでは上手くいきません。ボールの真横からクラブを入れるつもりで打つことにより、理想的なレベルブローのスイングが身に付きます。ドライバーのレベルアップにも役立つ方法です。

シャフトが寝ないようにする練習

フェアウェイウッドを打ちこなすには、最初の方で触れた「シャフトが寝てしまう動き」を排除することがもっとも重要です。

しかしこれが一番難しく、普段の練習ではなかなか身に付きにくいのが現実です。

私が書いた別の記事「綺麗なスイングが振るだけで?プロも愛用するバカ売れ練習器具とは」で紹介している方法を取り入れることで、シャフトが寝ない綺麗なスイングが身に付き、フェアウェイウッドだけでなくドライバーやアイアンの精度も格段に向上しますので、さらなる上達を目指す方は参考にしてみて下さい。

今日覚えたことを、早速ゴルフ場で試してみましょう。

楽天GORAは、ラウンドするたびにポイントがもらえるので、おすすめです。僕も頻繁にお世話になっているゴルフ場予約サイトで、お得な期間限定クーポンも配布されてるので、ぜひチェックしてみて下さい。

楽天GORAでお得なラウンドクーポンを探してみる 

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました