フェアウェイウッドの打ち方は正しいボール位置で決まる!

フェアウェイウッド フェアウェイウッドの打ち方や練習方法

フェアウェイウッドの正しいボール位置はどこなのでしょう?ドライバーのように左足寄りが正解なのか、それともアイアンのように真ん中に置くのがいいのでしょうか。

フェアウェイウッドが苦手なアマチュアゴルファーの方は、打ち方よりも先に正しいボール位置を知らなければいつまでもナイスショットは望めません。

スポンサーリンク

正しいボール位置は「左脇の下」

フェアウェイウッドの正しいボールの位置は、左脇の下です。ここにボールを置くと、フェアウェイウッドのソールが地面にピッタリと着き、ロフト角どおりのボールを打つことができるでしょう。

またボール位置を左脇の下にセットすることにより、ボールよりも頭が後方にあるため「ヘッド・ビハインド・ザボール」の準備ができ、自然とレベルブローの打ち方へと導かれます。

中央寄りがダメな理由

上から打ち込む「ダウンブロー」の打ち方になりやすい

ボール位置がアイアンのように中央寄りになると、どうしても上から打ち込むような動作になり、フェアウェイウッドを打つのが難しくなります。

フェアウェイウッドの打ち方の基本は「レベルブロー」です。ボールを真横から払い打つようなスイングを行うことで、ミスの許容範囲が広くなり、ロフト通りのボールを打つことができます。

ロフトが立ってボールが低くなる

ボール位置を中央寄りにすると、フェアウェイウッドを構えたときにロフトが立ってしまいます。ロフトを立ててしまうと高さが出にくくなります。

またロフトが立つと同時にフェアウェイウッドのお尻が浮いてしまうので、ソールを滑らせることができなくなり、ダフりなどのミスが多くなります。

左足かかとの前ではダメなのか?

ドライバーのように左足かかとの前にボール位置をセットする人も多いです。ボール位置よりも頭が後ろ側にあるので、一見すると問題ないように思えます。

確かにその通りなのですが、左足かかとの前にボールを置くとスタンスの幅によってボールの位置が変わってしまうことが問題です。これは実際にボールを左足かかと前に置いてもらうと実感できます。

肩幅くらいのスタンスではボールは左脇の下あたりに位置しています。これはOKです。

ではこのまま2~3歩分くらい右足を開いてスタンス幅を広くしてみましょう。どうでしょう?ボールが先ほどよりも左に離れてしまいます。

これが何を意味しているかというと、肩幅くらいのスタンスのときよりもボールが体から離れてしまったということです。左足かかと前を基準にボール位置を決めてしまうと、毎回同じスタンス幅にしないと打つたびにボール位置が変わってしまいます。これでは安定感に欠けますね。

ボール位置の基準を左脇の下にすることで、スタンス幅が変わっても自分の体とボールの距離が変わることはありません。

フェアウェイウッドの正しい打ち方

フェアウェイウッド

正しいボール位置が決まれば、あとはゴルフクラブの性能を信じて打つだけです。

フェアウェイウッドの正しい打ち方については「誰も教えてくれないフェアウェイウッドの打ち方の真実とコツ」でお話しをしていますが、ここでちょっとした打ち方のコツをご紹介します。

ゴロを転がすつもりで打つ

フェアウェイウッドの打ち方でもっともいけないのは、ボールを上げようとすることです。下からあおるような打ち方ではダフリかトップしか出ません。

逆説的な考え方ですが、フェアウェイウッドは「ゴロを転がすつもり」で打つと意外と上手くいきます。ゴロを転がすように振ると、ヘッドが低く長く動きます。レベルに低く長く動くことで、フェアウェイウッドのソールが使えて、芝の上のボールを綺麗に拾うことができます。

今日覚えたことを、早速ゴルフ場で試してみましょう。

楽天GORAは、ラウンドするたびにポイントがもらえるので、おすすめです。僕も頻繁にお世話になっているゴルフ場予約サイトで、お得な期間限定クーポンも配布されてるので、ぜひチェックしてみて下さい。

楽天GORAでお得なラウンドクーポンを探してみる 

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました