柔らかいシャフトと硬いシャフト|ドライバーがスライスする原因は?

ドライバーショット スライス

ドライバーがスライスするのは、シャフトの「硬さ」が原因かも…。シャフトを変えればスライスは直るのかな?できれば今のドライバーのままドローが打てるようになりたいけど、無理なのかな?

こんにちは。たけちんです。

 

今回はこの疑問にお答えします。

 

この記事の内容

  • スライスの原因は柔らかいシャフト?それとも硬いシャフト?
  • ドライバーのスライスを直せる誰でもできる方法

 

僕もかつては、ドライバーをいくら買い替えてもスライスが直らず、悩んだ時期がありました。

ところが今日お伝えする方法を知ってから、スライスが出なくなるコツが掴めました。

 

スライスが出にくくなるコツを掴むのは誰でもできることでして、この方法を使えば、今これを読んでもらっている方のスライスも簡単に直るはずです。

スポンサーリンク

スライスの原因は柔らかいシャフト?硬いシャフト?

スライサーの方は、ドライバーのシャフトの硬さはどのように選べばいいのでしょう?

 

僕はぶっちゃけ「柔らかくても硬くてもスライスは出る」と考えてます。

 

シャフトの硬さとスライスは関係ないということです。

 

昔の僕がそれを実証してまして、RからXまでいろいろなシャフトの硬さを試しましたが、スライスは「出るときは出る」状態でした。

 

それよりも問題は「シャフトの使い方」で、それが間違っていれば、どのシャフトを使ってもあまり意味はないです。

 

あとで詳しく説明しますが、シャフトの正しい使い方を習得するために、柔らかいシャフトを使うのはアリです。

 

一度シャフトの使い方さえマスターしてしまえば、スライスが直るどころか飛距離が大幅にアップします。

ドライバーを買い替えてもスライスは止まらない

その意味で、いくらドライバーを買い替えても残念ながらスライスは直りません。

 

もちろん思い切りフックフェースのものや、シャフトのトルクが大きい「超スライサー向け」のドライバーなら別ですが。

 

そういったドライバーに手を出すのも全然アリなのですが、買い替えるのに何万円もかかっちゃいますよね?

 

特にこういったドライバーは人気があって、高額ですからね。

 

もしもドライバーを買い替えるよりもっと安上がりにスライスを直したいなら、ぜひこの続きを読んで下さい。

 

スライスが直るだけでなく、飛距離が伸び、柔らかいシャフトも硬いシャフトも使いこなせるようになる方法をご紹介します。

ドライバーがスライスする「本当の原因」

 

ドライバーがスライスする原因はいくつかありますが、ほとんどはシャフトの使い方に原因があります。

 

それが「シャフトのしなり」です。

スライサーはシャフトのしなりが使えていない

ドライバーのシャフトはスイング中ずっと「しなり」を起こしています。

 

切り返しからダウンスイングにかけてドライバーのシャフトはヘッドが遅れてくる形でしなっているのですが、このままインパクトしてしまうとボールはスライスします。

 

ゴルフクラブはこの方向にしなるとフェースが開く構造になっているからです。下のAのような状態です。

スライスを防止するシャフトの使い方

ドライバー スイング

ここからが本題です。

ドライバーのスライスを防止し、飛距離アップするためののシャフトの使い方を説明します。

スライスする人は手元が動きすぎる

ドライバーでスライスする人の多くは、手元が動きすぎて肝心のクラブヘッドが動いていません

 

ボールをつかまえるためには、インパクトエリアでヘッドが手元を追い越すように動く必要があります。

 

その際重要になるのが、インパクト付近で手元が止まる動作です。

手元が止まることによりグリップに急ブレーキがかかり、ヘッドが勢いよく走ります。

 

これについては「ドライバーのパンチショットはスライスに効く!」という記事内で詳しい練習方法などをご紹介しています。

シャフトの「しなり戻り」を使う

ドライバーがスライスする重大な原因は、シャフトのしなりを上手く使えていないことです。

シャフトのしなりをマスターすると、あなたのゴルフは確実に変わります。

 

ぜひマスターしていただきたいのが「しなり戻り」です。

 

しなり戻りとは下のBの方向にシャフトが曲がる現象です。

フェースが閉じ、ヘッドが最も走る瞬間です。

柔らかい棒状のものを振ると実感できますが、インパクトエリアで止めると棒の先端が上の図Bの方向に「しなり戻り」を起こします。

 

シャフトのしなり戻り使えるようになると、フェース面が閉じてインパクトするのでボールがつかまりスライスしにくくなります。

 

シャフトがしなり戻る瞬間は、クラブヘッドが最も加速するため飛距離が伸びます。

これまでドライバーのしなりを使えていないゴルファーの場合、大幅な飛距離アップにつながるでしょう。

シャフトの使い方をマスターする方法

通常のドライバーではしなりを感じにくいため、柔らかい棒状のものを使って素振りをすると、しなり戻りを体感することができます。

 

しかし素振りだけでは感覚がつかめず、いざ自分のドライバーで打つときに感覚を忘れてしまう人もいるでしょう。

 

そこでおすすめなのが、「ロジャーキング スイングドクター」です。

ロジャーキングスイングドクタードライバー

 

シャフトがびっくりするくらい柔らかいので、シャフトの使い方を習得するのに最適です。

 

この練習器具の一番のポイントは、ボールを打てることです。もちろん、本物のゴルフボールです。

 

人気YouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」のDaichiプロも推薦してますね。

ふつうのドライバーだと「しなり」が感じにくいので、シャフトの正しい使い方の練習には不向きです。

 

世の中にスライサーの人が多いのはこのためでして、柔らかいシャフトのドライバーを使って練習すれば、誰だってシャフトの使い方のコツがつかめます

 

僕も愛用してまして、レビュー記事も公開していますので、参考にどうぞ。

【ゴルフ練習器具レビュー】ふにゃふにゃシャフトでドライバーの苦手を克服!「ロジャーキングスイングドクター DR ver」
なぜかドライバーだけが苦手でスライスする。飛距離が思ったよりも出ない。そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか...

 

8,000円近くする練習器具ですが、何万円もするドライバーを何度も買い替えたりするよりも、安く確実にスライスを直して飛距離アップできますよ。

人気記事

【無料あり】ゴルフネットワークを安く見る方法【料金が高いと悩む人に朗報】
ゴルフネットワークを安く見る方法をお探しですか?本記事ではゴルフネットワークを最も安く見る方法を調査した結果をご紹介するとともに、ゴルフネットワークよりも安いさらにおすすめの動画チャンネルもあわせて紹介していますのでお見逃しなく。
【朗報】ゴルフのプレー代が高いとお悩みの方へ|お得にゴルフをプレーする方法
ゴルフのプレー代が高いとお悩みの方。どうしてゴルフのプレー代ってこんなに高いのでしょう?この記事ではゴルフのプレー代が高い理由と、お得にラウンドする方法をお伝えします。
【フレループのレビュー&評価】室内もOK?素振りだけでスイングが良くなるゴルフ練習器具
評価: こんにちは。色々なゴルフ練習器具をとっかえひっかえしている、たけちんです。 ゴルフに関してこ...
【1万人以上が実感】たった2ヶ月で92%の人が100切りに成功した方法とは?
練習場に毎週通っているけど、全然100切りできない。 何万円もするゴルフクラブに買い替...

コメント

タイトルとURLをコピーしました