ドライバーだけスライスする原因はたった2つだけ!

スライスを防ぐ打ち方や練習方法

アイアンは真っ直ぐ打てるのに、ドライバーだけスライスする。ドライバーさえ真っ直ぐ飛んでくれたらいいスコアが出るのに!と歯がゆい思いをしているゴルファーの方は多いと思います。

アイアンが打てているのにドライバーだけスライスするのには原因があります。その理由はたったの2つだけです。

スポンサーリンク

スライスはなぜ起こる?

スライスそのものの原因は、フェースが開くことです。

ドライバーがスライスする原因を図解してみると・・・?」の中で図を交えながらスライスの原因を解説していますが、ボールに当たったときのヘッドの軌道に対してフェースが開いているときにスライスは起こります。ですのでインサイドアウトに振ろうがアウトサイドインに振ろうが、その軌道に対してフェースが開いていればスライスは出ます。

なのでドライバーだけスライスする人が「スライスはアウトサイドインが原因!」と決めつけてしまうと、スライスは治らないどころかアイアンまで調子を崩してしまい、迷宮入りしてしまいます。

ドライバーだけスライスする原因

長さによる振り遅れ

ドライバーだけスライスするのはその長さに原因があります。要するにアイアンよりもドライバーの方が長いわけです。

ドライバーはグリップとヘッドの距離が離れているため、グリップとヘッドの動くスピードの「時間差」が大きくなります。長い分しなりもあるのでこの時間差はさらに大きくなり、振り遅れとなって現れます。

ショートアイアンならグリップとヘッドまでの距離が短くスイング円弧が小さいため、この時間差は小さく振り遅れは起こりにくくなります。

これがドライバーだけ振り遅れてスライスする原因です。

このことは「ドライバーの振り遅れスライスはどう防ぐ?」の中で詳しく触れていますので一読してみて下さい。

ドライバーの構造

ドライバーだけスライスするのは、「ドライバーだけが持っている特異な構造」にも原因があります。

ドライバーはアイアンとは違い、ヘッドの後方がポコッと出っ張った造りになっています。これはドライバーで遠くに飛ばしたり高さを出すのに役立ちますが、同時にスライスの原因にもなっています。

この出っ張りによりシャフトの右側に重心が偏り、何気なくテークバックをするとシャフトが右回転を起こします。ヘッドが右下に垂れることによりシーソーのように手元が浮き、クラブが寝ます。

今どきのドライバーはヘッドが返りにくい構造になっているので、よほどのことがない限りフェースは元に戻らずスライスします。無理矢理手首をこねても、チーピンになるのがオチです。

アイアンならヘッドを返しやすいので何とかごまかせますが、ドライバーだとそうはいきません。

これがドライバーだけスライスする理由の2つめです。

ドライバーだけスライスを治す方法

グリップを止めてヘッドを走らせる

先ほどドライバーが振り遅れてスライスする原因として、グリップとヘッドの「時間差」について触れました。グリップを動かすほどヘッドが遅れてくるので、ドライバーではインパクトでグリップを止めてやります。

するとグリップに急ブレーキがかかることによりヘッドが加速し、フェースターンしながらボールを飛ばしてくれます。

ドライバーだけスライスする人のほとんどはこの「グリップのブレーキ」を使えていません。手元ばかりが動いて肝心のヘッドが走っていない状態なので、「ドライバーのパンチショットはスライスに効く!」で紹介している打ち方を参考にしてマスターして下さい。

クラブが寝てフェースが開かないようなスイングを身に付ける

ドライバーはクラブが寝てフェースが開きやすい構造になっています。ドライバーでスライスを防止したり、将来的に飛距離を伸ばしたいという人は、クラブが寝てフェースが開くという悪い癖を取り除かなくてはいけません。

綺麗なスイングが振るだけで?プロも愛用するバカ売れ練習器具とは」で紹介している器具で素振りをするだけで、クラブが寝てフェースが開くという癖をすぐに取り除くことができます。

スイングプレーンに沿ったスイングが身に付くので、ドライバーだけスライスするなんていうこととは無縁になると思います。

早速ゴルフ場で試してみて下さいね!

【人気記事】ゴルフ場予約サイト3社比較ランキング!価格や利便性を徹底調査!!

【人気記事】綺麗なスイングが振るだけで?プロも愛用するバカ売れ練習器具とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました