ライ角維持の方法|グリップを変えればすぐできる!

ゴルフコラム

ゴルフでは「ライ角維持」という言葉がよく出てきます。

ライ角維持の重要性を知りながらも、いざやってみると「難しくてできない!」という方がいるかもしれません。

ライ角を維持するためには、どのようなやり方をすれば簡単にできるようになるのでしょうか?

答えはグリップです。正しいグリップに変えると、ライ角維持が簡単にできるようになります。

スポンサーリンク

ライ角維持が大切だと言われる理由

ライ角とは、ゴルフクラブのソールを地面にピッタリとつけたときの、地面とシャフトが作り出す角度のことです。

ゴルフのライ角

ライ角はボールの飛ぶ方向を左右します。

上の写真のようにソールが地面にピッタリと着いているならば、基本的にボールは真っ直ぐに飛びます。

しかしインパクトのときにライ角が変わってしまうと、ボールが左右に曲がる原因となります。なのでゴルフではよく「スイング中にライ角を維持しよう!」と叫ばれるというわけです。

ライ角を維持する方法

ライ角維持の方法についてですが、手首とシャフトの角度が変わらないようにするとライ角が維持できます。

ライ角維持の間違った方法

力を入れてクラブを持ちあげている

しかしライ角を維持するために、腕に力を入れてクラブを持ちあげてしまうのは本末転倒です。

本来ゴルフスイングは脱力が基本であり、クラブを持ちあげようと上腕に力が入ると、スムーズなスイングができないなど色々な問題が出てきてしまうためです。

ゴルフスイング

ライ角維持はできるだけ力を入れずにやる方法が基本です。

グリップが悪いと力が入る

ライ角を維持するために力が入るのは、グリップに問題があります。皆さんはグリップを握る時、左手はどのようにしていますか?

下の写真のように手の平に対して斜めにシャフトをセットして握ると、どうなるでしょうか?

ゴルフパームグリップ

写真のようにグリップを握ると・・・

ゴルフグリップ

あれ?手首が伸びちゃいました。

これじゃ力を入れてヘッドを持ち上げないといけませんね。

ライ角維持の正しい方法

では握り方を変えてみましょう。

下の写真のように、手の平に対して直角にグリップする方法を試してみましょう。指の付け根あたりにグリップをセットします。このまま握ると小指の下の方にあるふくらみ(赤丸の部分)でグリップが押さえられます。

ゴルフフィンガーグリップ

この握り方でクラブヘッドをゆっくり前に持っていきます。。すると先ほどとは違い、手首とグリップに自然と角度がつくのがわかります。手の平のふくらみ(赤丸部分)にグリップが引っ掛かるためです。もう答えはわかりましたか?

ゴルフグリップ

そうです。力を入れなくても角度がつく。これが正解です。つまり、このグリップで握っている以上、手首の角度をほどきようがないんです

このグリップなら、ライ角維持なんて難しいことを考えなくても、勝手にライ角は維持されます

あとは気持ちよくいつものスイングをして下さいね。

【人気記事】ゴルフ場予約サイト3社比較ランキング!価格や利便性を徹底調査!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました