アイアンのライン出し|基本の打ち方や練習法を解説!

アイアン アイアンの打ち方や練習方法

アイアンを使ったライン出しショットができるようになると、ゴルフのスコアがまとまってきます。

しかしライン出しショットというと、アイアンを上から打ち込んでしまったり、無駄な力が入ったりする方がほとんど。これではライン出しが上手くいかないどころか、曲がったりシャンクなどのミスが起きてしまいます。

今回は、ターゲットに向かって一直線に飛んで行くアイアンのライン出しの基本となる打ち方や、アイアンを使ったライン出しの練習方法についてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

アイアンのライン出しとは?

アイアンでのショット

アイアンを使ったライン出しは、ターゲットとなるピンやグリーンに向かって一直線に刺すような打ち方です

セカンドショットでは飛ばすことよりも方向性が重視されるため、アイアンでライン出しができるようになると左右の散らばりがなくなります

余計なサイドスピンを入れない

アイアンを狙った方向に真っ直ぐ飛ばすためには、曲がる原因となる余計なサイドスピンを減らす必要があります。

飛ばそうとして力一杯アイアンを振り回したり、アイアンを手先だけで打つと、サイドスピンが増えてしまいライン出しにはなりません。

バックスピン量を減らす

アイアンを使ったライン出しの基本は、高さが抑えられるようにボールに余分なバックスピンを与えないことが大切です。

アイアンを上から打ち込むような動作は、バックスピン量が増えてふけ上がってしまい、ライン出しには不向きです。

アイアンのライン出しは余分なサイド・バックスピンを減らすこと

アイアンを使ったライン出しの打ち方

①基本はスリークォータースイング

アイアンでのショット

アイアンを使ったライン出しショットでは、振り幅を肩から肩までのスリークォーターに抑えます。

これは曲がる原因となる余分なサイドスピンを抑えるためで、フルスイングしない分曲がりが少なくなります

②使用するアイアンは1~2番手上げる

アイアン

ライン出しショットでは振り幅が小さくなる分、使用するアイアンは1~2番手大きいものを選びます。

アイアンの番手を上げることで、ライン出しに必要な「弾道の高さを抑える」ことが可能になります。

大きな番手のアイアンでコンパクトに打つことにより、曲がりも高さも押さえられたライン出しショットが完成します。

③常に体の前にクラブがあるように振る

手先だけでアイアンを振ってしまうと、余計なサイドスピンが増えてボールが曲がってしまいます。

ボールの曲がりを抑えるためには、スイング中常にクラブが体の正面から外れないようにすることが大切です。テークバックからフィニッシュに至るまで、アイアンのグリップが常に胸の前にあるイメージを持つと上手に打てるでしょう。

振り幅はスリークォーターのコンパクトなものに抑え、7~8割の力加減でフィニッシュまでクラブが体の正面にあるように心掛けましょう。

④上から打ち込まない

アイアンを上から打ち込むように入れてしまうと、バックスピン量が増えてしまってライン出しショットにはなりません。

アイアンを横から低く入れるイメージを持つことで、低く長いインパクトが実現され、高さを抑えたライン出しのショットが打てるようになります。

⑤体全体を使って打つ

アイアンを使ったライン出しを打つには、手先だけのスイングでは上手くいきません。体の回転が止まってしまうとヘッドだけが走ってしまうので、余計なサイドスピンが増えてしまうからです。

フォロースルーではしっかりと胸が目標に向くようにして振ると、体全体を使ったスイングができます。

アイアンを使ったライン出しの練習方法

ここからは、アイアンを使ったライン出しが打てるようになるための練習方法をいくつかご紹介します。

50ヤードをライナーで狙う

ゴルフ練習場

使用するクラブはピッチングウェッジや9番アイアンです。

アイアンを構えたら、50ヤードの看板に向かってなるべく低いライナー性のボールで打ちます。振り幅は腰から腰までの小さいスイングで、常に体の正面からクラブが外れないように注意して下さい

アイアンのライン出しだけでなく、ウェッジを使ったアプローチの技術向上にも役立つメニューです。

高くティーアップしたボールをアイアンで打つ

アイアン

アイアンでのライン出しショットは、上から打ち込んだり下からあおるような打ち方では上手く打つことができません。

高くティーアップをしたボールをウェッジやアイアンで打つ練習は、ライン出しショットに必要な「クラブを低く入れる技術」を身に付けるには最適です。

アイアンを上から打ち込んだり、下からあおるように打つと上手くボールにヒットすることができません。

ボールの真横からアイアンのヘッドを入れるようにして打つと、クリーンにボールをヒットすることができます。

サンドウェッジでティーアップをしたボールを打つ練習とその効果
アイアンでダフリやトップが起きたり、距離がバラついたりするのは、正しいダウンブローの軌道でボールをとらえられていないの...

ドライバーでも役立つライン出しショット

ライン出しショットは、アイアンだけでなくドライバーにも役に立つ打ち方です。ドライバーでライン出しができるようになると、フェアウェイキープ率が高まります。

ドライバーを使って100ヤード、150ヤード・・・と真っ直ぐ打つ練習をしておくと、ゴルフ全体のレベルが上がってきますよ!

ぜひコースでも試して下さいね。

【人気記事】ゴルフ場予約サイト3社比較ランキング!価格や利便性を徹底調査!!

【人気記事】アイアンの打ちかた|よくある質問と回答

コメント

タイトルとURLをコピーしました