ゴルフは片手打ちのコツがわかるとシングルが見えてくる

アイアンの打ち方や練習方法

プロゴルファーがよく実践している片手打ち。ゴルフで片手打ちができるようになるとスイングに安定感が生まれ、ゴルフが格段に上達します。片手打ちのコツがつかめると、ゴルフ全体のコツがつかめてくるのです

片手打ちはゴルフ上達には欠かせません。特にシングルゴルファーの仲間入りをしたいという人は、一日でも早く片手打ちを取り入れるべきだと、私は思っています。

しかし「片手打ちにはゴルフの基礎がいっぱい詰まっている」と耳にしても、イマイチどんな効果があるのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?効果がわからなければ、「やってみよう!」という気にはなれませんもんね。

今回は、ゴルフの片手打ちがもたらす効果片手打ちのコツついてご紹介します。

スポンサーリンク

片手打ちでゴルフがなぜ上達する?

右手の平

ゴルフで片手打ちができるようになると、ゴルフスイングにおける「体の動き」が安定します。

ゴルフは両手で握っているため、どうしても器用な手に頼ったスイングをしがちになります。この場合手を使うことが問題なのではなく、体と手のバランスが手に偏り過ぎてしまうことが問題になります。

片手打ちで明らかになる「ゴルフスイングの悪癖」

片手一本でゴルフクラブを持ちボールを打つのは、想像以上に難しいものです。

手前をダフってしまったりシャンクしたりと、満足にボールを前に飛ばせないかもしれません。それくらい難易度が高い打ち方と言えます。

なぜこれほど難しくなるのかというと、片手一本でゴルフクラブを握ると手を使って打ちたくなってしまうからです。

片手打ちをしてみるとわかりますが、最初はまともにボールに当たらないと思います。これまでどれだけ手であわせにいっていたかがよくわかります。両手ではごまかせたものが、片手になった瞬間にゴルフスイングの悪癖が露(あらわ)になります。

ゴルフは両手で持てば手先だけでもボールを打つことは可能です。しかしながら、手を主体にしたゴルフスイングのデメリットは「好不調の波が大きい事」です。調子がいいときには目が覚めるようなグッドショットを打てたと思えば、調子が悪い時には曲がり幅が大きくなったりします。つまり「タイミング勝負」になってしまうということですね。

ゴルフの片手打ちのコツは「体の回転を使うこと」!

片手打ちは手だけを使っていては上手く打つことができません。

ゴルフクラブで上手に片手打ちするには、体全体を使うことです。

反対に手に頼らない体の回転を主体にしたゴルフスイングは、いつも正しいスイングプレーン上を動き、ゴルフクラブのヘッドがいつも同じところに降りてくるので、ボールの軌道や高さが安定します。好不調の波が出にくい安定したスイングと言えます。

ゴルフで片手打ちの練習を行なうことにより、手に頼らない再現性の高いスイングを身に付けることが可能になります。

手に頼らない再現性の高いスイングを身に付けることができれば、好不調の波が出にくい安定したスイングとなり、シングルゴルファーへの道が確実に見えてきます。

ゴルフの片手打ちをうまく打つコツは?

片手打ちの攻略の秘訣は「手に頼らないこと」です。

体の回転を主体としてゴルフクラブを動かすことで、軌道が安定してボールに当たるようになります。このとき、次の3つの点に注意をして打つようにします。

  • 体の回転を使ってスイングをする
  • ゴルフクラブのヘッドの重さを感じる
  • 手はフェース面を管理する

右と左で片手打ちの目的は異なる

右手でも左手でも片手打ちは現れる効果が非常に高いですが、それぞれに若干目的が異なります。

右手片手打ちの目的

右手一本で片手打ちをする目的は次の通りです。

  1. ゴルフクラブの重さを感じる
  2. 右手首の「ヒンジコック」を維持する
  3. フェース面の管理を身に付ける

右打ちの人にとって右手は器用なサイドの手になります。そのため両手で打つと右手に頼ったゴルフスイングになりがちです。

右手片手打ちを行なうことでゴルフクラブの重さを感じることができ、「自然落下」のゴルフスイングが身に付きます。自然落下はクラブをオンプレーンに乗せるのに役立ちます。

またゴルフ上達の上で欠かせない「ハンドファースト」の基本となる右手首のヒンジコック(右手甲側に折れた形)の維持にもつながります。右手片手打ちでは右手首のヒンジコックを維持しないとうまく打てません。

右手一本でゴルフクラブを持って打つことで、正しいフェース面の管理が身に付きます。テークバックでフェースが開かないように注意して、インパクトで手の平を地面に向けていくように使うことにより、ハンドファーストでスクエアなインパクトが身に付きます。

左手片手打ちの目的

左手片手打ちの目的は以下のとおりです。

  • ゴルフクラブの重さを感じる
  • ゴルフクラブをオンプレーンに導く
  • ハンドファーストインパクトが身に付く

ゴルフスイングを主導するのは左手です。左手一本でゴルフクラブを持って素振りをしてみると簡単にオンプレーンスイングになることが理解できます。

左手一本では自然とハンドファーストのインパクトになるので、アイアンやドライバーショットの基本が身に付きます。

片手打ちの練習方法

ゴルフの片手打ち

使用するゴルフクラブは特に指定はありませんが、個人的なおすすめは9番アイアンです。ある程度ロフトが付いていて長さも短めだからです。

最初は素振りからはじめるといいでしょう。腰から腰くらいの小さなスイングいいので、体全体を使って振りましょう。ゴムティーにクラブのヘッドを繰り返し当てるのもいいですね。

次に高くティーアップしたボールを、右足から左足までの小さなスイングから始めます。腕の力は抜いて、あくまで体の回転を主体に打ちます

慣れてきたら、腰から腰、そして肩から肩のスイングと、徐々に大きな振り幅にしていきます。

ティーアップしたボールを安定して打てるようになったら、ボールをマットの上から直接打つようにしましょう。

ゴルフの片手打ちが上手にできるようになると、自然とハンドファーストの形が作られるようになるため、アイアンの飛距離や方向性が安定してきたり、アプローチショットの精度が格段に上がるので、ゴルフ全体のレベルが上がってきます

>>あわせて読みたい記事

ゴルフの右手一本打ちが驚くほど簡単に打てるようになる方法
ゴルフの基礎練習としても最適な、右手一本でボールを打つ練習。日々の練習に取り入れているという方もいらっしゃると思います...

 

アイアンの打ち方のよくある質問やお悩みはコチラ☟

アイアンの打ちかた|よくある質問と回答

【人気記事】ゴルフ場予約サイト3社比較ランキング!価格や利便性を徹底調査!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました