【重要】バックスイングは「へその向き」に意識を集中しよう

アイアン

バックスイングを手だけで上げてしまったり伸び上ったりすると、狙った方向にボールを飛ばしにくくなるだけでなく、飛距離不足やスライスに悩まされます。

こんにちは、たけちんです。

今回のテーマは「テークバックを成功させるコツ」についてです。

 

バックスイングでは、次の2つが大切とされています。

それは「体の正面からクラブを外さないこと」と「十分な捻転」です。

両者とも方向性、飛距離に大きな影響を与える要素で、ゴルフの「基本のき」とも呼べる存在です。

もしあなたがテークバックで悩んでいるなら、「へその向き」に意識を向けてみることをおすすめします。

クラブではなく「へその向き」に注目することで、理想的なバックスイングをやりやすくなるからです。

たけちん

JGAオフィシャルハンディ8.6のアマチュアゴルファーです(2022年6月現在/ベストスコア72)。このサイトでは「安定して80台でラウンドする!」をテーマに、100切りや90切りを目指すゴルファーの方向けに情報発信しています。個人的な目標は「3年以内に5下シングルになること」です。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

バックスイングは「へその向き」が超重要

ゴルフでは「バックスイングを手だけで上げてはいけない!」と言われますよね?

手だけでクラブをヒョイッと持ち上げてしまうと体の正面からクラブが外れ、正確なショットが打てないだけでなく飛距離不足につながるからです。

例えば体の捻転が不足したテークバックだと、アウトサイドインのスイングになりやすく、スライスになりやすいと言われています。

 

ではどうすれば体がしっかり捻転したバックスイングができるのでしょう?

その際に注目すべきなのは「へその向き」です。

テークバックでのへその向きを意識することで、体が十分に回転し、理想的なトップオブポジションへと導かれます。

へそを後ろに向けるようにバックスイング

ポイントは、へそを後ろに向けるようにバックスイングすることです。

構えたとき、へそはボールに向いていると思います。

へそがボールを向いたままクラブを上げるのはNGで、へそを飛球線の後方へと回転させるのです。このとき「へそとクラブヘッドを同時に動かす」と表現すると、イメージが湧きやすいかもしれません。

この感覚でバックスイングすることで、十分なバックスイングが取れるだけでなく、体の正面からクラブが外ません。

グリップエンドがへそを向いたままバックスイング

グリップエンドがへそを向いたままバックスイングするのも、重要なポイントです。

腰のあたりまでグリップエンドがへそを向いたままバックスイングすると、クラブを体の正面に保て、オンプレーンに乗せやすくなります。

特にバックスイングでフェースが開いてしまう癖がある人は、グリップエンドとへその関係に注目すると、かなり改善されると思います。

へそを地面に向けたまま振ると前傾をキープしやすい

スイング中の前傾角度をキープする上で、へその意識はとても役立ちます。

へそを終始地面に向けるイメージを持つと、体の伸び上りが抑えられ、前傾角度がキープしやすくなるからです。

バックスイングで伸び上ってしまう、インパクトで体が起き上がってスライスやダフリ、トップが出てしまうという方は、一度ご自身の「おへその向き」に意識を向けてみてください。

これまでとは球筋が変わる可能性がありますよ(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました