ゴルフの右手一本打ちが驚くほど簡単に打てるようになる方法

アイアンの打ち方や練習方法

ゴルフの基礎練習としても最適な、右手一本でボールを打つ練習。日々の練習に取り入れているという方もいらっしゃると思います。

トーナメント会場でも、ラウンド前のプロゴルファーが右手一本で打っている光景をよく見ます。

それくらいゴルフの基礎がたくさん詰まった練習方法ですが、始めたばかりの頃は「ボールにすら当たらない」「ダフって飛ばない」といったことがよく起こります。

今回は、そんな「右手一本打ち」を上手に打てるようになる打ち方や注意点をお話させていただきたいと思います。

スポンサーリンク

右手一本打ちがなぜ難しいのか?

右手片手打ちに慣れない頃によく起こるミスで圧倒的に多いのが「ダフリ」です。

ボールに届く前に地面に当たってしまい、クラブが跳ねてトップしたり空振りしたりということがよく起こります。シャンクしてしまうという方もいらっしゃると思います。

なぜ右手一本だとダフってしまうのか?

ではここで、右手一本だとなぜダフってしまうのかを考えてみましょう。

片手だとクラブ軌道が安定しない、コックがほどけやすいなど、様々な理由が考えられますが、もっと根本的な理由として「ゴルフクラブの構造」の問題があります。

それは「右重・左軽」という、ゴルフクラブ特有の構造の問題です。

ゴルフクラブは右回転したがる

先日公開した「ダフリを防ぐアイアンの使い方」という記事でも書かせていただきましたが、ゴルフクラブはシャフトを中心として右側が重く、左側が軽くなっています。

アイアンのダフリの原因と解決方法
アイアンでダフリが出てしまうという方が多いかもしれません。アイアンのダフリの原因はスイングだけではありません。綺麗な...

ゴルフクラブを机か床の上に寝かせて、リーディングエッジを垂直に立てます。そのまま手を離すとヘッドは右側(フェースが開く方向)に回転して倒れます。ドライバーなどウッド系のクラブは、フェースの反対側がポッコリと出ているので、視覚的にも重たいのがわかります。アイアンも見た目はわかりにくいかもしれませんが、やはりフェースの反対側(右側)が重たくなっています。

まずは、ゴルフクラブは常に右側に倒れようとしている(右回転しようとする力が働いている)ということを、念頭において下さい。

ヘッドが右に回転するとダフる

ゴルフクラブは右側が重たいため、何もしなければ右に回転してしまうことがわかりました。

ヘッドが右に回転すると、ボールに届く前にヘッドが地面に落ちてしまいます。右回転したクラブを片手では支えきれずに、ボールの右側に落としてしまうからです。

ボールの右側にヘッドが落ちないようにするためには、右回転する動きと拮抗する力が必要です。右回転に拮抗する動きはただ一つ、左回転です。

ヘッドが右回転しなければ上手く打てる

ヘッドが右回転することによりダフるのであれば、ヘッドが右回転しないようにすれば右手一本でもダフらずに打てます。

そのために必要な動きが「シャットフェース」です。

シャットフェースはクラブフェースが斜め下を向くので、ゴルフクラブ特有の「右側に倒れようとする動き」を抑制することができます。シャットフェースという左回転の動きで、右回転を打ち消します。

シャットフェースの作り方

右手一本でシャットフェースを作るには、右手の平が地面を向くようにしてテークバックします。するとフェース面が斜め下を向き、絶対に右側には倒れることはありません。

テークバックと同時に手首が甲側に折れるようにして動かしましょう。するとクラブが縦に上がりプレーンに乗せやすくなります。

鏡の前に立ち、テークバックで右手とヘッドが重なっているかを確認すると、より精度の高い練習となります。

シャットフェースを身に付ける!|自宅で簡単にできる練習法3つ
テークバックでフェースが開いてしまうと、スライスが出たりボールが飛ばないなどの弊害が起きてしまいます。そのため、テー...

シャットフェースだとなぜ上手く打てるのか?

シャットフェースを作ると、クラブの右回転の動きを抑制できるというお話をしました。

しかしもう一つの重要な要素が「ヒンジコック」です。

シャットフェースを作る際に行った「右手首を甲側に折る動き」を「ヒンジコック」と呼びます。

シャットフェースはこのヒンジコックを作りやすいテークバックで、ヒンジコックを保ったままインパクトへ振り下ろすと、ヘッドよりもグリップが先行した形になります。

そうです。これが「ハンドファースト」です。

シャットフェースにするとヒンジコックが作られハンドファーストになりやすい。だからダフらずクリーンにボールをヒットできる、というカラクリです。

あとは体を回転させるだけ!

シャットフェースを作ってテークバックが完成したら、右手首が甲側に折れた「ヒンジコック」を保ったまま、体を回転させるだけで上手く打てます

最初はこれでも当たらないかもしれませんが、ただ慣れていないだけ。しばらく打っているうちに自然と体が覚えてくるので、粘り強く続けてみて下さい!

【人気記事】ゴルフ場予約サイト3社比較ランキング!価格や利便性を徹底調査!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました