ゴルフは自己流では上達しないの?という疑問に答えます

ドライバー ゴルフコラム

ゴルフは自己流でも上手くなるのでしょうか?そんな疑問をよく耳にします。

結論から言うと、ゴルフは自己流で上達することは非常に困難です

僕もゴルフを長年やっていますが、ハンディキャップがひとケタになるまでに相当の紆余曲折とムダなお金を費やしてきたからこそはっきりと言えます。

<<この記事でお話すること>>

  • ゴルフは自己流では上達しない理由
  • 自己流でも上達するたった一つの方法
  • 自己流よりもレッスンをおすすめする理由
スポンサーリンク

ゴルフを自己流でやっても上手くならない理由

これだけははっきりしておきますが、ゴルフでいいスコアを出すために「美しいスイング」や「飛ばすための筋力」は必要ありません。プロになるなら話は別ですけど、ハンディキャップがひとケタのレベルでは必要ないと思っています。

僕も含め、世の中にいる「シングルプレーヤー」と言われるハンディキャップがひとケタの人のスイングをよく見てみると、それほど綺麗なスイングじゃありません。見る人によっては「何でそんなスイングで、いいスコアで回れるの?」と驚かれる人もいると思います。僕も自分で動画を撮ってみたりしますが、綺麗と思ったことは一度もないです(笑)。

それなのに何でいいスコアで回れるのかと言いますと、「自分だけの技術を磨いた」というのが一つの答えになります。

ゴルフを自己流でやる罠とは?

ゴルフを自己流でやるイコール上手くなれないみたいな方程式がありますが、実はこれには理由があるんです。

それは一つのことを貫き通せないことです。

たとえば自己流で一生懸命に練習通いやラウンドを続けるとします。このこと自体は決して悪いことではありませんし、むしろ褒められるべきことです。

ところが調子が悪くなってきたり、練習を続けているにも関わらず結果が伴わないとき、「疑念」が生じてしまいます。

これだけ練習しているのに、どうしてスコアが良くならないんだろう?

ひょっとして、練習方法が間違っているのかもしれない。

ここで99.9%の人が、練習方法を変えちゃいます。実はこれが一番上達しないパターンです。

自己流でゴルフが上達しない人は、下のような「悪いスパイラル」に陥りがちです。

確かに上手くいかない方法があれば、それを修正することは当たり前のことなんですが、そのスパン(期間)が短すぎるんです。ほとんどの人は、1~2ヶ月(もっと短いかも?)やって効果が出なかったら、即ヤメして別の方法に「浮気」をしちゃいます。

そしてまたイチから、正しい方法を求めて雑誌や本を買って新しい理論を試したり、ネットサーフィンで答えを探ろうとします。これではいつまでたっても前には進みませんし、上の図のようにずっと同じポジションをグルグルと回ることになります。

自己流でもゴルフが上達する人は、こういった「浮気」をあまりしない人なんですね。

ゴルフを自己流でも上達するたった一つの方法

世の中にはレッスンにも通わず、自己流を貫いてシングルプレーヤーである人が数多くいるのも事実です。先ほども触れましたが、それは一つのことを貫ける人です。この場合、「自己流」というよりも「俺流」といった方がいいかもしれませんね。

自己流ならぬ俺流を貫ける人は、とても芯が強いです。誰から何と言われようと、曲げずに貫き通す力があります。そういう人はとても少ないのが現実です。

ゴルフというのは極論を言えばボールを狙った所に飛ばせばいいので、それに特化してやり続けることができれば、相当な腕前になります。例えばドライバーで200ヤードしか飛ばないという人でも、50ヤード以内に圧倒的な自信が持てるようにそれだけを練習し続けていれば、とんでもなく上手くなります。ドライバーなんてフェアウェイに置ければ十分ですからね。

レッスンにも通わずに自己流でゴルフが上手になっている人は、この考え方に長けています。他の人が何を言おうが、脇目も振らずに自分の正しいと思うことをやり続けられる人。こういう人が、レッスンに通わなくてゴルフが上達する人です。

でも、僕も含めてほとんどの人が途中で疑念を抱いたり自信を無くしたりしてしまうので、やるべきことを貫き通すことが難しくなります。

ゴルフは自己流よりもレッスンをすすめる理由

僕が皆さんに「レッスンを受けた方がいい」とおすすめする理由は、自己流でひとつのことを貫き通すことが相当難しいからです。自己流ではやっていることが正しいのか間違っているかの判断が付きませんし、結果が出る保証もないからです。

人間はとても臆病な生き物です。ゴルフ以外にも仕事や勉強など、成果が出ないと「これでいいのかな?」と必ず不安になってしまいます

ゴルフ上達のための方法を教えてくれるのが、レッスンプロ(インストラクター)の存在です。レッスンに通うことでインストラクターが付いてくれるので、あなたに合ったゴルフ上達のための正しい方法を教えてくれます。

レッスンに通っても上達しないワケ

中には「レッスンに通ったけど、全然上手くなれなかった」という人もいますが、そういう人はインストラクターから教えてもらったことを続けなかったからです。インストラクターも魔法使いではありません。インストラクターは生徒に「やり方」を教えるのが仕事で、実際にそれをやるのは生徒です。子供の頃に通った学習塾でも、予習も復習もせずにただ講義を聞いているだけでは、まったく実力はつきませんよね。それと同じです。

レッスンは、

  • ×「ゴルフを上手にしてくれる場所」
  • 〇「ゴルフが上達するための正しい方法を教えてくれる場所」

です。レッスンはつまり、お金と交換に「あなたに合ったスコアアップのための情報」を教えてくれるところです。

効率のいいおすすめのレッスンは?

ゴルフレッスンとは、「あなたに合ったスコアアップのための情報」を教えてくれる場所だという説明をしました。

あなたに合った情報を引き出すためには、大人数のグループレッスンよりも「マンツーマン」のレッスンの方が効率がいいです。答えは簡単。マンツーマンなのであなたのことしか見ていないからです。6人~8人くらいのグループレッスンでは、生徒1人あたりにかけられる時間が少ないため、長期間通ってもなかなか「あなたに合う方法」を引き出すことができません。

レッスン時間が1時間として、

  • 6人のグループレッスン:1人あたりの時間=10分
  • マンツーマンレッスン:1人あたりの時間=60分

同じレッスンでも、6倍の差が出ます。1回のレッスンのうちあなたを見てくれる時間はたった10分なので、あなたへの印象は薄く効率的な差は6倍以上でしょう。僕も昔8人くらいのグループレッスンを受けていましたが、1回のレッスンで2、3回しかスイングを見てくれず、ろくなアドバイスや方法を教えてもらえなかったのでやめました。月謝1万円をドブに捨てた形ですね。

毎月1万円を払うなら、同じ値段でマンツーマンレッスンを受ける方が何十倍も効果があります

ライザップゴルフは50分のマンツーマンレッスンを受けられるうえ、練習施設も使いたい放題。あなたの専任トレーナーがついてくれるので、「あなただけに合ったゴルフ上達の方法」を親身に提案してくれます。

 

分割払いで専任トレーナが約月1万円【ライザップゴルフ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました