100切りできれば上手い人?「ゴルフが上手い」の定義を考えてみた

100切り

突然ですが、こんな疑問を持ったことがありませんか?

  • 100切りできたんだけど、自分って「ゴルフが上手い人」になるのかな?
  • どれくらいのスコアから「ゴルフが上手い」と言われるんだろう?
  • 100切りだけでも大変なのに、さらに上手くなるにはどうすればいいのだろう?

こんにちは。たけちんです。

おそらく今、この記事を読んでいただいている方々は、今よりゴルフの上達を願い、まわりの人たちから「ゴルフが上手い」と思われたいという望みを持っているのではないでしょうか?

周囲から「上手い」と思われたい願望は、多くのゴルファーが持っている感情で、決して悪いものではありません。むしろゴルフ上達のモチベーションになるので、大切に持ち続けるべきだと思います。僕も周りから「上手い」と言われたい一心で(?)、毎日がんばってますよ(笑)。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、今回は「ゴルフが上手い」とはどういうことなのかについて、深掘りをしていきたいと思います。

さらに100切りを達成した人が、さらに上手いゴルファーになるにはどのような考え方をすれば良いのかについても触れていきます。

100を切れば上手い人なのか?

それとも、70台じゃないと上手い人とは呼べないのでしょうか?

ちょっとだけ一緒に考えてみませんか?

スポンサーリンク

100切りできれば上手い人?


ゴルフ総合サイト大手のGDOが行った過去の調査データによりますと、平均スコアが100未満のゴルファーは全体のたった3割だったそうです。

この結果だけを踏まえれば、100切りできれば「ゴルフが上手い」と言えそうな感じがしますね。

日本のゴルファーのうち、どのくらいの割合が平均スコア100未満でラウンドしているのでしょうか。GDOでの過去の調査によると、平均スコア100未満でラウンドできているのは、ゴルファーのわずか3割。つまり、7割の人は平均スコアで100を切れていないということになります。

出典:ゴルフで100切りするためのコツとは?みんなどのくらいの期間で達成してる?|GDO初心者ゴルフナビ

 

注意すべきなのは、「100切りしたことがある」と「平均スコアが100を切っている」ではニュアンスが全く異なるということです。

前者は、90台を出した経験はあるものの、普段は100や120を叩いている状態

一方の後者は、たまに100以上叩くこともあるかもしれないが、ほぼコンスタントに90台以下でラウンドできているということです。

どちらの方がゴルフが上手いか?といえば、もちろん後者ですよね。

スコアで決めるのはナンセンス

そもそもスコアで「ゴルフが上手いか下手か」を決めるのは無理があります。なぜなら、評価する人の目線で変わるからです。

たとえば、100切りできない人から見れば90台の人は「上手い」となりますが、70台の人から見ると「上手い」とは言えないかもしれません。

アマチュア全体の目線で見れば、平均スコアが70台以下の人はほぼ全員が「上手い」の意見で一致するでしょうけど、90台になってくるとわかれそうです。

そもそもスコアでゴルフが上手いか下手かを決めるのは、ナンセンスなのかもしれません。

ゴルフが上手い人ってどんな人?

僕が出した答えが「ゴルフが上手い人=狙ったスコアを出せる人」という結論です。

どういう事かと言うと、スコアや技量に関係なく、いつでも自分が狙ったスコアを出せるということです。

たとえば、「今日は100を切るぞ!」と決めたら、ちゃんと90台で結果を出す。「このホールは難しいから、ダブルボギーで良しとしよう!」と決めたら、ちゃんとダブルボギー以内でおさめる。

 

こういった決め事って、意外と守れていないと感じませんか?

「今日は絶対100を切るぞ!」って決めたのに、なぜか途中でテーマが「ドライバーで飛ばすこと」に変わってしまったり、最終ホールをダブルボギーで上がれば100を切れるのに、なぜかパーを狙いにいったり。

僕もよくありますけど、最初に決めたテーマを貫き通すのは、案外難しいものです。ラウンド中には色んな「雑念」が入ってくるので、ついテーマが変わってしまうことがあります。

 

ゴルフが上手い人というのは、そういった「雑念」をできるだけ排除して、自分の決めたスコアや目標の達成「だけ」を考えられる人だと思います。

最後に、ラウンドレッスン日本一のプロが教える「ゴルフ脳」の中に書かれている、僕が常に忘れないようにしている言葉を紹介して終わりにします。

バーディを獲れる人がうまい人ではない。

ダボを打たない人がうまい人なんだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました