ドライバーが上がらない原因と対処法

ドライバーの打ち方や練習方法

ドライバーが上がらない、飛ばないと感じている人は多いと思います。ボールが上がらないとキャリーが出ないため、飛距離不足の原因になります。

ドライバーでボールが上がらないという人は、どういった打ち方をしてしまっているのでしょうか?

今回は、ドライバーでボールが上がらない原因と、ドライバーのロフト通りの高さが出せる打ち方について説明をしたいと思います。

ボールが上がるようになれば、大きな飛距離アップにつながりますのでがんばっていきましょう!

スポンサーリンク

ドライバーが上がらない人の打ち方とは?

ドライバーでボールが上がらないという人は、そもそもどんな打ち方をしてしまっているのかを考えてみましょう。

ここからはちょっと例えばなしを入れていきます。想像を働かせてみて下さい。

あなたは今、ゴルフのインストラクターにスイングを見てもらっています。持っているクラブは、もちろんドライバーです。

あなたのもとにインストラクターがやってきて、次のようなことばを掛けられました。

もっと速く振って下さい。

こんなことばを掛けられたら、あなたはどんな打ち方をしますか?

「速く振る」の勘違い

ドライバーはどんなクラブか?と聞かれると、多くの人が「飛ばすクラブ」と答えるでしょう。そしてその人たちのほとんどはドライバーを持った途端に「速く振ろう」とします。

人間は、幼い頃からボールや物を投げたりして遊んできました。そのときにボールを速く投げるときには腕を速く振らなければならないと学習します。今私たちはそれを当たり前のように考えて過ごしています。

実はこの「ドライバーで速く振る」という打ち方の勘違いが、ドライバーでボールが上がらない原因を作っています。

ドライバーが上がらない人は手元が動きすぎる

ボールや物を速く投げるためには、腕を速く振らなければいけない。これは紛れもない事実です。

しかしドライバーが上がらないと悩んでいる多くの人は、手元が速く動くだけで肝心のドライバーのヘッドが動いていません。下のAような打ち方になり、ヘッドが遅れてきていることがわかると思います。これではボールは上がりません。

体が突っ込んでしまう

ドライバーが上がらないという人は、インパクトで体が飛球線方向に突っ込んでしまう打ち方をする傾向があります。

体が突っ込むと先ほどの図Aのような打ち方になるため、ボールを上げることが難しくなります。

ドライバーでボールが上がる打ち方を解説

どんな打ち方をすればボールを高く上げることができるでしょうか。上げるために下からあおり打つなどしなくても、ドライバーを上手に使えばボールは誰でも上げることができます。

ドライバーのしなりを使った打ち方

ドライバーでボールが上がらないは、ドライバーのシャフトの「しなり」を上手く使えていません。

先ほども出した図ですが、下のAはボールが上がらない打ち方です。シャフトが後方にしなり、フェース面が下を向いたままになるのボールは上がりません。

ドライバーはしなりを上手に使った打ち方をすると、誰でも簡単にボールが上がるようになります。しなりを使った打ち方とは、下の図Bのような打ち方です。

Aとは反対の方向にシャフトがしなっています。このしなりをゴルフ用語で「しなり戻り(逆しなり)」と呼びます。フェース面が上を向くのでしっかりとボールが上がります。

「上がらない」と「飛ばない」は同じ原因

ドライバーでボールを上げるためには、しなり戻りを使った打ち方をしなければいけないというお話をしました。

実は、しなり戻りはドライバーの飛距離性能を100%近くまで引き出すのに欠かせない存在です。

ドライバー飛距離アップのコツはたったコレだけ!」の中で詳しく触れていますが、しなり戻りを起こした瞬間、ヘッドのスピードは最大になります。またフェースが閉じる方向にも動くので、つかまったボールを打てる打ち方でもあります。

しなり戻りをマスターすることが、「上がらない」「飛ばない」の両方を解決してくれることになります。

しなり戻りを使った打ち方のコツ

ボールよりも頭が後ろにあるように打つ

体が突っ込んでしまうとドライバーのしなりを上手く使うことができず、ボールを上げることができません。

常に頭がボールの後ろ側にある意識で打つと、ボールが上がるようになります。

このとき、ボールの右側を左目で見る意識を持つと体が突っ込みにくい打ち方になります

また体の突っ込みがひどくドライバーが上がらないという方は、インパクトまでは右足体重を意識した打ち方をすると、体の突っ込みを防止することができます

しなり戻りをマスターできる器具を使う

頭では理解しても、いざやろうとしてもなかなかできるものではありません。なぜならドライバーもアイアンもシャフトが硬いため、しなりを感じることが難しいからです。

そこで、しなり戻りを体感しながら身に付けるための練習器具を使います

ムチのようにしなるほどシャフトが柔らかい、「ロジャーキングスイングマスター」です。

ロジャーキング スイング練習機 スイングドクター ドライバー ヴァージョン 男女 (メンズ, 右 RH) 

実際にボールが打てて「しなり戻り」を体感できる、数少ない練習器具のひとつです。

しなりをうまく使えない人が打つと、大きくスライスして飛びません。

シャフトが逆しなりするのを待ってインパクトを迎えることができると、ストレートから軽いドローに変化します。

私もこの練習器具で飛距離アップに成功しました。当時の私の飛距離は200ヤード前後でしたが、今では250ヤードは飛ぶようになりました。

※ロジャーキングスイングドクターのレビュー記事も公開しています。興味のある方は参考にしてみて下さい☟

【ゴルフ練習器具レビュー】ふにゃふにゃシャフトでドライバーの苦手を克服!「ロジャーキングスイングドクター DR ver」
なぜかドライバーだけが苦手でスライスする。飛距離が思ったよりも出ない。そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか...

コメント

タイトルとURLをコピーしました