ドライバーでチーピンが出る原因は構えにアリ!簡単にできる治し方とは?

ゴルフスイング ドライバーの打ち方や練習方法

ドライバーショットで突然出る低いチーピンはOBやトラブルショットにつながるので、すぐにでも原因だけでなく治し方も押さえておきたいところです。

今回はドライバーで低いチーピンが出てしまう原因と、ラウンド中や練習場でできるチーピンの治し方についてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

ドライバーでチーピンが出る原因とは?

チーピンとはボールが左に飛び出し、さらに急激に左に曲がっていくボールです。OBゾーンに入ったりセカンドショットがトラブルになりやすい「危険なボール」と言えます。

ここでチーピンの原因をしっかりと理解しておきましょう。

「ボールに対して」アウトサイドイン軌道になっている

まずはボールが飛び出す出球方向について考えてみましょう。

出球が左に飛び出すということは、ボールに対してクラブが外から入っている証拠となります。この場合注意してもらいたいのが、スイング全体がアウトサイドインの軌道になっているという意味ではなく、インパクトのタイミングでボールに対して外から入っているという意味だということです。

つまり、下の絵のようにいくらスイング全体がインサイドアウト軌道でも、インパクトのタイミングが遅ければボールに対してはアウトサイドインということです。

スイング軌道は上の赤線のように曲線を描くので、インパクトのタイミング次第で右にも左にも飛び出します。

このことは今回のお話の重要ポイントなので、ここでしっかりと押さえておいて下さい。

インパクトの「タイミング」でボールの出球は変化する

スイング軌道に対してフェースは閉じている

次はボールの「曲がる方向」についてのお話です。先ほどは「出球方向」の話でした。ちょっとややこしいですが、切り離して考えるようにして下さい。

ボールの曲がる方向を決めているのは「スイング軌道に対するフェースの向き」です。

  • 軌道に対してフェースが開いている → スライス
  • 軌道に対してフェースが真っ直ぐ → ストレート
  • 軌道に対してフェースが閉じている → フック

このような関係になります。

ボールに当たる軌道に対してフェースが閉じているとフックする

チーピンの原因をまとめると・・・

ここまでの話をまとめます。

チーピンのような左に飛び出してさらに左にフックしてしまうボールが出てしまうのは、「ボールに対してアウトサイドインに当たっていること」、そして「その軌道に対してフェースが閉じていること」という2つの要素が同時に発生したときに起こるということがわかります。

Q.「クラブが寝るとチーピンする」は正しいか?

よくドライバーのチーピンの原因として「クラブが寝て手を急激に返すとチーピンする」という話を聞きます。半分正しいですが、これでは説明不足です。クラブが寝てそれを挽回しようと手を思い切り返しても、タイミングが合えばきれいなドローボールが打てるからです。

クラブが寝るとどうしてチーピンが出やすいかというと、「スイングの最下点が移動する」という理屈が当てはまります。

クラブが寝るとスイング全体はインサイドアウト軌道になり、スイングの最下点は右側にズレます。最下点が右側にズレるということは、ボールから遠ざかるということと同じ意味になります。スイングは先ほどお話したように曲線を描きますから、ボールに当たるタイミングが遅くなるほどクラブは外から入ります。つまり、

クラブが寝る → 最下点が右にズレる → ボールに当たるタイミングが遅くなる → ボールに対して外から入り左に飛び出す
という理屈です。
いくらクラブが寝て手を返そうとも、ボールを右に置けばチーピンを打つことなど不可能です。

このようにクラブが寝ること自体がチーピンの直接的な原因であるとは言えませんが、クラブが寝てしまうと他にも様々なエラーを引き起こしてしまうので、修正が必要であると言えます。

チーピンになりやすい構え方

ドライバーでチーピンが出やすい人は、構え方で決まっていると言っても過言ではありません。

ボールを左に置きすぎている

ドライバーは長くて振り遅れやすいクラブのため、多くのアマチュアゴルファーはボールを左に置きたくなります。

しかしボールを左に置けば置くほどクラブが外から入ることになり、ボールは左に飛び出します。このときフェースが軌道に対して閉じていれば、低いチーピンが飛び出します

アドレスで右肩が前に出ている

スライサーのゴルファーに多い特徴ですが、アドレスで右肩が前に出ているとチーピンが出やすいです。アウトサイドインのスイングになるからです。

アウトサイドインのスイングでも、軌道に対してフェースが閉じていればチーピンです。

ラウンド中のチーピンの治し方

ではラウンド中に突然チーピンが出てしまったらどうやって治せばいいでしょう?左側が全部OBです。これまでの話を思い出して考えてみて下さい。

ボールを右に置く

そうですね。先ほど答えが出ていました(笑)。ボールを右に置けばチーピンは出ません。

ドライバーでドローを打つときの正しいボール位置とは?」で詳しく解説していますが、スイングの特性上、ボールを置く位置を右にずらせばずらすほど、ボールは右に飛び出します。このときフェース面を上手く閉じることができれば「ドローボール」に変化します。

スライスボールを打つ

ボールを右に置くことが気持ち悪いのであれば、チーピンの2つ目の原因である「軌道に対するフェースの向き」を変えることで対応しましょう。

アドレスでフェース面を少しだけ開き、アウトサイドインに振り抜きます。すると出球こそ左に飛び出しますが、ボールは右に帰ってくることでしょう。

チーピンを打つ癖のある人は腕のターンが強すぎる傾向があるので、そういう方はフェース面を変えないような意識で振るとうまくスライス回転がかかります。

こんな記事も人気です

下の記事では、よくあるドライバーの悩み別に「ドライバーの打ち方のコツ」をまとめています。

ドライバーに苦手意識のあるゴルファーの方にヒントになる内容ですので、あわせて参考にしてみて下さい!☟

ドライバーの打ち方|よくあるお悩みQ&A
このページでは、「ドライバーの打ち方が分からない」「ドライバーでミスが出る」というゴルファーの方に向けて、ドライバーの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました