ドライバーのライン出しはどう打つの?フェアウェイキープ率を高めよう

ドライバー ドライバーの打ち方や練習方法

ドライバーを使ったライン出しショットができるようになると、フェアウェイキープ率が高くなり大きなスコアアップにつながります。

フェアウェイに向かって線を描いたように向かっていくのが特徴の、ドライバーでのライン出し。ゴルフ上達にはぜひ覚えてほしいショットです。

今回は、ドライバーを使ったライン出しショットの打ち方や練習方法についてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

ライン出しショットとは?

ドライバーショット

ドライバーを使ったライン出しショットは、低いライナー性のボールで、フェアウェイに向かって一直線に飛んで行く球筋です。

飛距離よりも方向性を重視したドライバーショットです。

風に強い

ドライバーを使ってライン出しが打てると、低い弾道のため風の影響を受けにくくなります。そのため左右のブレが少なくなります。

左右の風だけでなく、アゲンスト(逆風)のときにもドライバーのライン出しは役に立ちます。低く抑えられたボールはスピン量が少ないため、アゲンストの風でもふけ上がることなく、距離を出していくことが可能になります

狭いホールで活躍する

左右がOBといったプレッシャーのかかる場面では、ドライバーでビッグキャリーを出していくよりも、できるだけ低空飛行で早めにフェアウェイにボールを落とした方が得策です。こういった場面でドライバーのライン出しは役に立ちます。

また打ち下ろしのティーショットでもライン出しのような低い弾道はランを稼げるため、有利な打ち方と言えます。

ドライバーのライン出しの打ち方

①大振りせずコンパクトなスイング

ドライバー

ドライバーを使ったライン出しは、左右の曲がりの少ない低い弾道のショットです。そのため余計なサイドスピンやバックスピンを抑える打ち方をしなければいけません。

余計なスピンを抑えるために、振り幅は肩から肩までのスリークォータースイングに抑えます。

②スイングスピードはゆっくりと

早く振ろうとすればするほど、手元の動きが大きくなって余計なスピンが増えてしまいます。

ドライバーのライン出しは、飛距離ではなくあくまでも方向性重視のショットです。

体の前からクラブが外れないように、体全体を使ってゆったりと振ることがドライバーを使ったライン出しショットの成功のカギです。

③体は止めずにフィニッシュをしっかり取る

ドライバー

スイング中に体を止めてしまうと、ヘッドだけが走ってしまい余計なサイドスピンがかかってしまいます。

ドライバーでのライン出しでは、体の回転とクラブの動きを同調させる(合わせる)ことで、余計なスピンの少ない「重いボール」を打つことができます。

スイング中はドライバーのグリップが体の前から外れないように気を付け、フィニッシュでは胸を目標にしっかりと向ける意識を持ちましょう。

④ボール位置は中央寄り

ドライバー

ドライバーでのライン出しは低いボールが主体となるため、ボールの位置はいつもよりもボール1~2個分中央寄りにセットします。

中央寄りにした分、ボールの高さも若干低めにセットするように注意します。

>>>合わせて読みたい記事

ドライバーでドローを打つときの正しいボール位置とは?
ドライバーでドローボールを打てると、大幅に飛距離を伸ばせる可能性があるのでとても有利になります。ドライバーでドローを...

⑤ボールの真横から打つイメージ

ドライバーを使ったライン出しショットでは、上から打ち込むとバックスピン量が増えてしまい「ふけ上がり」の原因となってしまいます。

ドライバーのライン出しは、低く長いインパクトが重要。ボールの真横から釘を打つようにドライバーのヘッドを当てていくイメージを持ちましょう。

◆その他ドライバーによくあるお悩み回答はコチラ>>>ドライバーの打ち方|よくあるお悩みQ&A

ドライバーでのライン出しの練習方法

ここからは、ドライバーを使ったライン出しをマスターするための練習方法をご紹介します。

100ヤードのライナーショット

ゴルフ練習場

ドライバーのハーフスイング(腰から腰)で、100ヤード先の看板を狙い打つ練習です。

低いライナー性のボールで、看板に向かって一直線に飛んで行くイメージを強く持ちます。

ドライバーを手先だけで打ってしまうと方向が定まらないので、クラブと体の動きを同調させて振りましょう

1階打席だとボールを上げに行く動作が入りやすいため、2階打席で打つのがおすすめですよ。

>>>合わせて読みたい記事

ドライバーのハーフスイングで飛距離が伸びる3つの理由
ドライバーの飛距離を伸ばすために、一生懸命振ることばかりを練習していませんか?この練習では一向に飛距離は伸びることなく...

フェアウェイウッドを使った練習

ゴルフ練習

ライン出しショットは、低く長いインパクトが成功の秘訣です。そのために有効な練習方法があります。

ドライバーと同じくらい高めにティーアップしたボールを、フェアウェイウッドで打つ練習です。

高くティーアップしたボールをフェアウェイウッドで打つには、ボールの真横からクラブを入れなければなりません。上から打ち込んだりあおり打つようにすると、ティーに当たるなどして、まともにボールを飛ばすことができません。

ドライバーのライン出しに必要な、低く長い「レベルスイング」がマスターできるおすすめのメニューです。

まとめ

ドライバーを使ったライン出しショットのポイントは、

余計なサイドスピン・バックスピンを与えない

ことです。

ドライバーを手先だけで振ってしまうスイングだと、スピン量が増えるばかりで方向性も飛距離も損なわれてしまいます。

手先だけに頼らないドライバーのスイングをマスターするには、下の記事で紹介している柔らかいシャフトのドライバーを使うのも効果的です。

  • ドライバーの方向性が悪い
  • ドライバーが飛ばない、スライスする

という方にはおすすめです♬☟

【ゴルフ練習器具レビュー】ふにゃふにゃシャフトでドライバーの苦手を克服!「ロジャーキングスイングドクター DR ver」
なぜかドライバーだけが苦手でスライスする。飛距離が思ったよりも出ない。そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか...

今日覚えたことを、早速ゴルフ場で試してみましょう。

楽天GORAは、ラウンドするたびにポイントがもらえるので、おすすめです。僕も頻繁にお世話になっているゴルフ場予約サイトで、お得な期間限定クーポンも配布されてるので、ぜひチェックしてみて下さい。

楽天GORAでお得なラウンドクーポンを探してみる 

ではでは。◆その他ドライバーによくあるお悩み回答はコチラ>>>ドライバーの打ち方|よくあるお悩みQ&A

コメント

タイトルとURLをコピーしました