ドライバーがダフる原因だった「あの習慣」をやめた結果

ドライバー

どうしてもドライバーがダフってしまうという悩みを持っていませんか?

「飛ばしたい」とか「いいところを見せたい」と力むと、ついドライバーでダフってしまいますよね。

もしかすると、「アイアンは大丈夫なのに、ドライバーだけダフる」という人もいるかもしれません。

僕も同じで、とりわけ「緊張しい」の僕は、コンペとか月例競技などで、とても恥ずかしい思いをしてきました。

しかし「ある習慣」をやめた結果、ドライバーでダフることがなくなりました。

その習慣というのは、僕だけでなく、多くのゴルファーが当たり前のように行なっていることです。

さらに、ドライバーだけでなく、フェアウェイウッドもアイアンも、クリーンに打てるようになりました。

この記事では、ドライバーがダフる「根本的な原因」と、ダフらないように打つための方法を紹介します。

これから紹介する方法は、難しいスイング改造を必要としません。

あなたもきっとやっている「あの習慣」を変えるだけでOKです。しかも、勝手にスイングが良くなる「おまけ付き」です。

とても簡単ですぐにできる方法なので、ぜひ試してくださいね。

たけちん

JGAオフィシャルハンディ8.6のアマチュアゴルファーです(2022年6月現在/ベストスコア72)。このサイトでは「安定して80台でラウンドする!」をテーマに、100切りや90切りを目指すゴルファーの方向けに情報発信しています。個人的な目標は「3年以内に5下シングルになること」です。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

「あの習慣」をやめた途端、ドライバーがダフる癖が治りました

僕がやめたのは、ドライバーのソールを地面につけることです。

なぜかというと、「ソールをつける」という習慣そのものが、ドライバーがダフる原因だと気づいたからです。

 

ドライバーのソールをつけるとダフりやすい理由

ドライバーを構えるとき、ソールをつける人が多いと思います。

もしかすると、あなたもソールをつける習慣があるかもしれませんね。

 

ドライバーをソールして構えたときの軌道のイメージは、下図の通りです。

ソールした場所を「最下点」として、ヘッドが上昇中にインパクトするイメージです。

しかし、この軌道にはデメリットがあります。

それは、ヘッドが少しでもピンクより下を通れば、ダフってしまうという点です(下図の青)。

 

ドライバーがダフる根本的な原因とは

一般的に、ドライバーがダフる原因と言われるものには、たくさんあります。

例を挙げると、下記の通りです。

  • あおり打ち
  • 右足体重
  • リリースが早い
  • 力み
  • ヘッドアップ
  • V字起動

ネットで【ドライバー ダフる】と調べると、多分いっぱい出てくると思います。

しかし、そもそもドライバーがダフる根本的な原因は、正常な軌道よりもヘッドが下を通ってしまうことで、上記は一因にすぎません。(下図)。

たとえば、箇条書きのように、右足体重で打ったり、リリースを早くして「しゃくり打ち」をしても、必ずダフるわけではありません。

誤解を恐れずに言うと、どんなスイングであれ、上図のピンクのゾーンより下を通らなければ、100%ダフることはないということです。

ドライバーをソールせずに構えるとダフらない

僕たちアマチュアゴルファーが、狙った軌道よりもヘッドが下を通ってしまうことは「ザラ」だと思います。

プロみたいに毎日ボールを打っているわけではないですから、少しくらいボールとの距離感がズレても、仕方ないですよね。

ドライバーのソールを浮かせて構えると、ヘッドと地面の間に「遊び」が生まれるので、少々下を通ってもダフらなくなります。

 

 

ドライバーのソールを浮かせると、メリットが多い

ドライバーを浮かせて構えると、苦手意識がなくなる話でお話しましたが、ソールを浮かせるメリットは他にもたくさんあります。

例えば、下記の通りです。

  • あおり打ちがなくなる
  • ドライバーが曲がりにくくなる
  • ドライバーの苦手意識がなくなる

ティーアップしたドライバーで多いミスが、あおり打ちです。

あおり打ちとは、下からすくい上げるような打ち方で、プッシュアウトスライスやチーピン、ダフりなど、さまざまなミスショットの原因になります。

ドライバーのソールを浮かせ、ボールだけをクリーンに打つ意識を持つと、レベルターンのスイングになってあおり打ちの癖がなくなります。

さらにレベルターンに振れるようになると、アイアンやフェアウェイウッドまで綺麗に打てるようになる「おまけ付き」です。

ドライバーを浮かせて構えると、苦手意識がなくなる話
アイアンは上手く打てるのに、ドライバーに苦手意識がある方。ドライバーを浮かせて構えると、苦手意識が消えてナイスショットが連発する可能性があります。この記事では、ドライバーを浮かせて構えるメリットや注意点について解説しています。

 

ちなみに、ソールを浮かせるのはアイアンでも有効です。

アイアンでダフる癖がある人は、ぜひ芝から浮かせてみてください。

「トップしそう」と思うかもしれませんが、良い感じにヘッドが下がって、芯で捉えられる回数が増えると思います(^O^)

アイアンは浮かせて構えると上達のヒントが見えてくる
アイアンは地面にベッタリと着けて構えるものだと思い込んでいるのならば、先入観を取り除いた方がいいかもしれません。アイ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました