アイアンの引っ掛けが出やすい5つの原因。対策方法は?

アイアンショット アイアンの打ち方や練習方法

アイアンで引っ掛けがよく出てしまうということがあります。

グリーンを狙うショットが大きく左に外れてしまうと、最悪の場合OBになってしまうこともあります。引っ掛け癖のある方は、「アイアンを振るのが怖い」という思いを抱いているかもしれません。

今回は、アイアンで引っ掛けが出てしまう原因と、引っ掛けが出ないようにする対策方法についてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

引っ掛けの出るメカニズム

アイアンショット

引っ掛けは、①ボールが左に飛び出して②さらに左に曲がってしまう球筋です。

どうしてアイアンで引っ掛けが出るのでしょう?まずは引っ掛けが起こるメカニズムを、図解で説明していきます。

①ボールが左に飛び出す要因

アイアンが左に飛び出すのは、スイング軌道に大きな関係があります。下の図を見て下さい。

ゴルフスイングの軌道

ゴルフのスイングは、真上から見るとスタンスに対して「円運動」です。仮に体が左右に動かないとすれば、ちょうどスタンスの中央付近を頂点とした円になります。

図を見てみると、アイアンを打ったときに左に飛び出すのは、円の頂点を過ぎた後だということがわかります。このとき、ボールに対しては「アウトサイドイン」の軌道です。アウトサイドインのスイングは引っ掛けが出やすいと言われるのは、これが理由です。

ここからわかることは、スタンスに対してボールを左に置けば置くほど、アイアンは左に飛び出しやすくなるということです

②ボールが左に曲がる要因

ゴルフボールが左右どちらに曲がるかを決定しているのは、インパクト時のスイング軌道に対するフェースの向きです。

アイアンの引っ掛けは左に曲がりますから、軌道に対してフェースが閉じているということになります。

アイアンの引っ掛けが出るときのインパクトの形

①と②を合わせて考えてみると、アイアンで引っ掛けが出るときのインパクトは、下の図のような形になっていることが予想されます。

アイアン 引っ掛け

ボールに対してアウトサイドイン軌道で入り、軌道に対してフェース面がクローズになるとさらに左に曲がる。これがアイアンの引っ掛けが出るメカニズムです

  • ボールに対してアウトサイドイン軌道
  • 軌道に対してフェースが閉じている

アイアンの引っ掛けが出る5つの原因

では、今お話したアイアンの引っ掛けが出るメカニズムを元に、アイアンで引っ掛けが出てしまう原因について考えていきましょう。

原因は5つあります。

(1)ボール位置が左すぎる

アイアンの引っ掛けが出てしまう原因として、ボールの位置が左にありすぎることが挙げられます。ボール位置が左にあることで、インパクト時の軌道がアウトサイドインになり、左にボールが飛び出すからです。

(2)アドレスで右肘が前に出ている

アイアン 構え

アイアンの引っ掛けはアドレスが原因になることがあります。

アイアンを構えたとき、右肘が左肘よりも前に出ていませんか

このアドレスの形だと、アウトサイドイン軌道になりやすいのでアイアンの引っ掛けが出る可能性が高まります。

(3)テークバックが浅い

テークバックが浅いと、手でクラブを担ぎ上げる形になるので、アウトサイドイン軌道になりやすく、アイアンの引っ掛けが出やすくなります。

(4)体の回転が不足している

フォローで体の回転が止まると、アイアンのヘッドだけが強くターンするので、フェースがかぶりやすくなり、ボールは左に曲がります。

(5)クラブが寝ている

アイアン

アイアンはシャフトの右側が重たいので、クラブが寝やすくなります。テークバックでアイアンを寝かせてしまうと、インパクトで強烈に手を返す動きが入ります。

ボールに当たるタイミングによってはプッシュアウトも引っ掛けも出てしまう動きです。

またダフリやトップ、シャンクといったアイアンのミスが起こりやすい動きでもあります。

>>>合わせて読みたい記事

ショートアイアンでシャンクする4つの理由と防止方法
ショートアイアンでグリーンを狙うショットでシャンクが出てしまうという声を多く聞きます。グリーンに乗せられればパーやバー...

アイアンの引っ掛けを防止する方法

ボール位置を右寄りにする

アイアンの引っ掛けが止まらないという人は、いつもよりもボール位置を1個から2個分右寄りにすることで、左にボールが飛び出す引っ掛けを防止することができます。

また、アドレス時に右の肘が前に出てしまうのは、ボールを左に置きすぎているのが原因。ボール位置を右寄りにすることにより、アイアンを構えたときに右肘が前に出すぎるのを抑えてくれます

テークバックで胸を後方に向ける

アイアン

テークバックでしっかり捻転ができると、クラブをインサイドから振りやすくなります

胸の中心が飛球線後方を向くまで回転すると、アイアンが左に飛び出す引っ掛けを防止することができます。

フォローまで体を回す

フォローでも胸の中心がターゲットを向くまで回すと、クラブと体の回転が同調するので、アイアンの引っ掛けの原因となる過度なフェースターンが抑制されます。

ただし、テークバックが浅いとアイアンの引っ掛けを助長することになりますので注意が必要です。

クラブが寝ないようにテークバックする

テークバックの初期でクラブが右に寝てしまうと、急激なフェースターンで左に引っ掛けてしまう危険があります。

テークバックではアイアンのシャフトが右に回転しないように、フェース面を斜め下に向けながら上げましょう腰のあたりでアイアンのフェース面が背中のラインと平行になるくらいが目安です。

テークバックだけでなく、トップからインパクトに至るまでも、アイアンは寝ようとします。

引っ掛けだけじゃなく、プッシュアウトやダフリ、シャンク、トップなど、あらゆるミスが同時に出てしまう人は、スイング中にアイアンが寝てしまっている可能性が高いです。

そんなときは、下の記事で紹介している練習器具を使うのもおすすめです。

スイング中クラブが寝ないように矯正してくれて、オンプレーンの綺麗なスイングが身に付くということで、発売以来大ヒットになっています。私も毎日これで素振りして、毎回オンプレーンスイングを目指しています♬☟

綺麗なスイングが振るだけで?プロも愛用するバカ売れ練習器具とは
どうして綺麗なゴルフスイングにならないのか「理由」を考えたことがありますか?それはあなたがゴルフクラブの仕組みを知らないだけなのかもしれません。今回ご紹介する練習器具を毎日振るだけで自然と綺麗なスイングが身に付き、あなたのゴルフが大きく変わることでしょう。

あとがき

アイアンで引っ掛けが出るということは、ゴルフに大切な「フェースターン」がしっかりとできている証拠なので、決して悪いスイングだとは思わないで下さい。

フェースターンができないと、ボールが弱くて飛びませんからね。

私は昔、フェースターンが苦手だったので、アイアンで「引っ掛けた~!」と言っている人を、とても羨ましく思っていました(笑)。

なのでアイアンで引っ掛けがよく出る人は、スイングをあれこれいじるよりも、ボール位置を変えてみるとか、アドレスで真っ直ぐ向いているかといった部分に目を向けたほうがいいと、私個人的には思っています。

今日ご紹介したのは(一部を除いて)すぐにゴルフ場で実践できるものばかりなので、ぜひ次回のラウンドの時にでも試してみて下さい♬☟

ゴルフ予約は楽天GORA!はじめて予約でボーナスポイント

アイアンの打ち方によくある質問やお悩み回答はコチラ☟

アイアンの打ち方|よくある質問と回答

コメント

タイトルとURLをコピーしました