ドライバーで急に出るテンプラの原因とは?ラウンドで使える防止法と練習方法

ドライバー

ラウンドの途中でドライバーでテンプラが出て悩んでいる。ドライバーで急にテンプラが出てしまう原因は何だろう?予防する方法や効果的な練習方法を教えて欲しい。

こんにちは。たけちんです。

今日は次の順番でこのお悩みを解決していきます。

この記事の内容

  • ドライバーで急にテンプラが出る原因
  • ラウンドで使えるテンプラ防止法3つ
  • テンプラが出なくなる練習方法

テンプラが出てしまうということはスイングのどこかにエラーがあるということです。

でも反対にそのエラーさえ修正できればテンプラが防げるだけではなく、ドライバーの方向性が良くなったり飛距離が伸びたりなど「おまけ」が多いので、ぜひ最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

ドライバーでテンプラが出る2つの原因

 

テンプラとはドライバーの上っ面に当たり、ボールが空高くに舞い上がる現象です。距離が出ないばかりかボールを見失ってしまったり、ドライバーのクラウン部分を破損する原因にもなってしまいます。

ドライバーは高くティーアップして打つのでテンプラが出やすい状況ですが、どうしてテンプラが出るのか原因を知っておくことはとても大切です。

ドライバーでテンプラが出る原因は次の2つです。

  • クラブが上から入り過ぎる
  • 体が突っ込む

クラブが上から入り過ぎる

ドライバーでテンプラが出る原因のひとつめが極端なダウンブローです。つまりドライバーが上から入りすぎているために、テンプラが起こるということです。

本来ドライバーは、最下点を過ぎてからボールに当たる「アッパーブロー」もしくは水平に近い「レベルブロー」で当たるのが適正とされています。

しかしあることが原因で、ドライバーが上から入りやすくなります。

その原因が力みアウトサイドイン軌道です。

 

「ここ一番!」という場面で、テンプラが出ることはありませんか?

これは明らかに力みが原因でして、ボールを強く飛ばそうとすると上から叩きつけるようなスイングになりやすいです。

あとアウトサイドインに振る癖がある人は、テンプラが出やすいです。アウトサイドイン軌道はヘッドがボールに上からアタックするのが特徴だからです。

体が突っ込む

体が飛球線方向に突っ込むとテンプラが出やすくなります。なぜならスイングの最下点がボールよりも先にズレるからです。

これも力みが主な原因でして、飛ばそうと思って力が入ると体が飛球線方向に突っ込んでしまいがちです。体が突っ込むとスイングの最下点も移動し、ティーアップしたボールの下を「だるま落とし」のようにクラブがくぐってテンプラになります。

ドライバーが左に飛ぶ「引っ掛けテンプラ」の原因は?

テンプラがよく出るというゴルファーの中には、左に飛ぶ引っ掛けテンプラに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

引っ掛けテンプラもアウトサイドイン軌道が原因です。

アウトサイドイン軌道はボールに向かって「左斜め下」に向かってヘッドが動くため、テンプラが出やすく、さらに左に飛びやすい特徴を持った軌道だからです。

ラウンドで使える!テンプラを防止する3つの方法

ラウンドの途中で急にドライバーがテンプラすると、焦りますよね?

ここからはドライバーでテンプラが出ないようにする防止法を紹介します。

ティーアップを低くする

そもそもテンプラはフェース面の上っ面に当たる現象なので、ティーアップを低くするのがテンプラ防止にはもっとも効果的な方法です。

とはいえ本番でいきなりティーアップを低くしても、チョロやダフリなど別のエラーを起こしかねません。普段から低めのティーアップで打つ練習をしておくことをおすすめします。

右足を引いて打つ

ドライバーでテンプラするのはクラブが上から入りすぎるのが原因のひとつです。

クラブが上から入るのは右肩がかぶったアウトサイドインのスイングが原因です。アウトサイドインのスイングは最下点がボールの先になるのが特徴だからです。

テンプラを防止するためにはインサイドアウトのスイングが有効です。インサイドアウトのスイングは最下点がボールから後ろになるため、自然とアッパーブローの軌道になるからです。アッパーブローならテンプラになる確率はゼロです。

テンプラを出したくないときは右足を一歩後ろに引いて打ってみましょう。自然とインサイドアウトのスイングとなり、テンプラを防止できます。

ボールの右側を見ながら打つ

 

ボールの右側を見ながら打つことで頭が残った「ビハインド・ザボール」の形になり、テンプラの原因となる体の突っ込みを防止することができます。

ボールの右側を左目で見てスイングすると、より効果が高くなります。

ドライバーのテンプラを防止する練習方法

今後ドライバーのでテンプラが出ないようにする練習方法をご紹介します。

両足閉じドリル

ドライバーで両足を閉じたままボールを打つ「両足閉じドリル」はテンプラ防止に有効です。両足を閉じることで体重移動ができなくなるので、体の突っ込みが抑えられます。

両足閉じドリルはテンプラ防止になるほか、ドライバーのつかまりが良くなる効果があるのでぜひ試してください。

右足引きドリル

右足を引いてボールを打つことでインサイドアウトのスイングになるので、テンプラを防止できます。

ボールはやや中央寄りにして、右に打ち出す練習をします。ドローボールをマスターしたい人にもおすすめの練習方法で飛距離アップにも貢献します。

ドライバーを低いティーアップで打つ

ドライバーのテンプラが出ないように、普段から低いティーアップで打つ練習はしておいた方がいいですね。

目安はボールがドライバーの上面から出ないくらいの高さでOKです。

実際のラウンドでテンプラが出ないようにティーアップを低くするのは有効な方法ですが、いきなり本番でティーを低くしても打ちにくいですし、かえってチョロやダフリなど別のミスの原因になってしまいます。

普段からティーアップを低くして練習しておけば、いざラウンドというときでも抵抗なく打てるようになります。

さらにドライバーを低いティーアップで打つ練習は「あおり打ち」を修正する効果もあるので、ドライバーの方向性が良くなるほか飛距離アップにも役立ちます。

柔らかいシャフトのドライバーで打つ

柔らかいシャフトのドライバーで打つ練習は、テンプラ防止だけでなく、飛距離が大幅にアップする可能性があるのでおすすめです。

ドライバーがテンプラする原因のひとつが「上から打ち込んでしまう」ことなのですが、柔らかいシャフトのドライバーで「しなり」を使って打てるようになると理想のアッパーブローになるからです。アッパーブローで打てればボールが適切な高さで飛ぶので、飛距離も伸びるというわけです。

なのでテンプラや飛距離不足に悩む方は、女性用のゴルフクラブのように柔らかいシャフトのドライバーで「しなり」を感じるスイングを身に付けることをおすすめします。

 

女性用のゴルフくらぶよりもさらにおすすめなのが、ロジャーキングスイングドクターという、超柔らかいシャフトを装着したドライバーです。

女性用ドライバーとは比較にならないくらい柔らかいので最初は打つのが難しいです。しかし打てるようになる頃にはテンプラはおろかスライスも激減し、さらに飛距離もアップするというおまけがついてきます。

僕も普段から愛用してまして、レビュー記事も書いてますので良ければ読んでみて下さい。

【ゴルフ練習器具レビュー】ふにゃふにゃシャフトでドライバーの苦手を克服!「ロジャーキングスイングドクター DR ver」
なぜかドライバーだけが苦手でスライスする。飛距離が思ったよりも出ない。そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか...

コメント

タイトルとURLをコピーしました