ドライバーでチョロを繰り返す人の間違った習慣と正しい修正方法

ドライバーの打ち方や練習方法

ドライバーを持った途端に突然現れる「チョロ」。修正したいのだけどなぜかチョロを繰り返してしまうなんていう悩みを持っていませんか?そういう方はチョロの正しい修正方法を知らないだけかもしれません。

今回はチョロをなぜか繰り返してしまうという方に向けて、下の4つについてお話をさせていただきたいと思います。

  1. なぜチョロが出てしまうのか
  2. チョロを繰り返す人の「間違った習慣」
  3. チョロが出たときの簡単な修正方法2つ
  4. チョロを防ぐドライバーの練習方法

今回の内容はチョロ対策だけでなく、ドライバーの飛距離アップや方向性向上に関する情報も含まれているので、最後までお付き合いのほどよろしくお願いします。

スポンサーリンク

なぜドライバーでチョロが出てしまうのか?

どうしてドライバーでチョロが出てしまうのでしょうか。中にはアイアンは問題なく打てているのにドライバーを持った途端にチョロが出てしまうという「苦手意識」を持っている人もいるかもしれません。

ドライバーは基本的にティーアップをして打ちます。地面より高い位置にあるので、一見したところチョロなんて起きそうにありません。

ドライバーでチョロをしてしまう原因は2つあります。

ボールを上げようとする動き

ドライバーでボールを上げようとして「あおり打ち」のような形になってしまうと、ヘッドが下から入りすぎるのでチョロになりやすいです。

特に打ち上げのホールや手前に池や谷があるとチョロが出てしまうという人が多くなります。反対に打ち下ろしのホールにくるとチョロの確率が減る傾向があります。

飛ばそうという意識が過剰

ドラコンホールやパー5に来るとチョロが出てしまうという人も多いです。飛ばそうとしてカチ上げるようなスイング軌道になるとスイングの最下点がボールから離れてしまうのでチョロになりやすくなります。

チョロを繰り返してしまう人の「間違った習慣」

驚きかも知れませんが、チョロを繰り返し打ってしまう人には共通する特徴があります。この間違った習慣を正すことがチョロを防ぐヒントになります。

ティーアップを高くする

ティーアップを高くすればチョロしないんじゃないの?

チョロをしないようにティーアップを高くする人はチョロが頻発します。逆説的な言い方ですが、ティーアップが高すぎることによってチョロをしている人は「本当に多い」です。

ティーアップを高くするとどうしてチョロが多くなるのでしょう?不思議ですよね。

答えはティーアップの高さそのものではなく「ボールの位置」の問題です。

例えばどこかのホールでチョロをしたとします。次のホールでは「チョロをしないように」とティーアップを高くします。このときボールの位置を前のホールと同じにすれば問題は起きません。

しかしティーアップを高くすると体とボールとの距離が近くなるので「違和感」を感じ、ボールから離れようとします。このときボールをいつもよりも左に置いてしまうんです。

このようにしてしまうとスイングの最下点よりもボールが離れてしまうのでチョロが起きやすくなってしまいます

ボールを飛ばそうとしてティーをいつもよりも高くするのも、同じ原因でチョロが出やすくなります。

ドローボールに対する間違った認識

ドライバーでドローボールを打てるようになると、飛距離も伸びますし何となく「格好いい」イメージがありますね。多くのゴルファーがドライバーでのドローボールに対して憧れを持っているのも事実です。

しかしドライバーのドローボールに対する間違った認識がチョロをを引き起こしているケースが多いです。

過剰なアッパーブロー

ドローボールはアッパーブローに打つというのは正しい知識です。しかしそれを実現しようとしてボールをカチ上げるような動きをするとチョロになります。右肩が下がり左腰が大きくスライドしてしまうため、クラブがボールに届きません。

私のまわりでもドローを打とうとして極端なアッパーブローになってチョロをする人間が多くいます。

インサイドアウトなのに・・・

ドローボールはクラブをインサイドアウトに入れなければなりません。これも正しい認識です。

しかし意外と多いのがインサイドアウトのスイングなのにボールを左足かかと前に置いている人。これじゃドローはおろか、チョロをして当たり前です。詳しくは下の記事で書いていますが、インサイドアウトスイングはクラブの最下点が右側にズレるため、自ずとボールも右側に置かないとボールに届かないんです

ドライバーでドローを打つときの正しいボール位置とは?
ドライバーでドローボールを打てると、大幅に飛距離を伸ばせる可能性があるのでとても有利になります。ドライバーでドローを...

チョロが出た時の簡単な修正方法

ここでラウンド中にチョロが出てしまったときの簡単な修正法を2つお伝えします。

ボール位置を変える

チョロが出てしまう原因のひとつはボールの位置にあります。スイングの最下点よりもボールが離れてしまうことによりチョロが発生してしまうというお話をしましたが、これと逆のことを行えばいいというわけです。

チョロを防止するためにボールをいつもより真ん中寄りにします。このときあまりティーアップが高いと気持ち悪く感じてしまうので、いつもと同じか若干低めのティーアップにするといいでしょう。

スライスを打つ

あえてスライスボールを打つというのもチョロ防止には最適です。

左から右に曲がるスライスボールを打つにはアウトサイドインのスイングになります。アウトサイドインのスイングは最下点がボールの側に寄るので、チョロをする確率が激減します

特に打ち上げのホールや目の前に池や谷があるホールでは積極的にスライスボールを打つようにすることでチョロが防止できます。

チョロを防ぐドライバーの練習方法

ここからは普段の練習でチョロをしないスイング作りのための練習方法をご紹介します。

フェアウェイウッドで高くティーアップしたボールを打つ練習

ドライバーでチョロの原因となる「あおり打ち」のような極端なアッパーブローを修正しなければいけません。

そのときにとても役立つ練習があります。ドライバーのように高くティーアップしたボールをフェアウェイウッドで打つ練習です。

3番ウッドか5番ウッドで高くティーアップされたボールを打つには、レベルブローのスイングでないと上手くいかないことがわかります。

決してボールを上げようとせず、ボールの真横からクラブを入れる感覚を持つことが大切です。この練習を繰り返すことでチョロとは無縁のレベルブロースイングが身に付きます

ボールを真ん中寄りにして打つ練習

ラウンド中のチョロ修正に役立つ方法ですが、急にやれと言われても気持ちが悪いかもしれません。

普段の練習でボールを真ん中寄りにしてドライバーを打つ練習をして慣れておくことが大切です。特にこれから「ドローボールを身に付けたい」と願っている人には不可欠な練習方法ですので、早いうちに練習に取り入れておくことをおすすめします。

>>こんな記事も読まれています

下の記事では、ドライバーが苦手な人に多い悩み別に「ドライバーの打ち方のコツ」をまとめています。

上達のヒントになると思いますので、ドライバーに苦手意識のある方はぜひ参考にしてみて下さいね!☟

ドライバーの打ち方|よくあるお悩みQ&A
このページでは、「ドライバーの打ち方が分からない」「ドライバーでミスが出る」というゴルファーの方に向けて、ドライバーの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました