ドライバーでドローを打つときの正しいボール位置とは?

ドライバーの打ち方や練習方法

ドライバーでドローボールを打てると、大幅に飛距離を伸ばせる可能性があるのでとても有利になります。

ドライバーでドローを思い通りに打つには、スイングよりもむしろボール位置が非常に大切です。

ドローボールを打つのに正しいボール位置は、一体どこなのでしょうか?

スポンサーリンク

ドライバーのボール位置の「定説」

「ドライバーのボール位置は左足かかと前」。ゴルフ初心者の方でも一度は聞いたことがあるでしょう。

結論から言うと、左足かかと前にボールを置いても上手くドローボールを打つことはできません

ドライバーでドローが打てない理由

一生懸命にインサイドアウトに振ろうと頑張っても、どうしても出球が右に打てずドローにならないという人は、ほとんどの場合ボール位置が左足寄りになっています

ドライバーの「ボールは左足かかとの前」という「定説」にがんじがらめにされているため、どうしてもボールは左足に寄ります。さきほど説明した通り、そもそも右に打ち出せるボールの位置ではないのです。

「ドライバーは左足かかと前」の定説に振り回されるな

ドライバーでドローを打つときの正しいボール位置

ドローは「出球が右に出て、左に戻ってくる球筋」と定義されます。

スイングを真上から見ると、下の図のようにヘッドの軌道は直線ではなく円運動です。

ドライバーの軌道

上の図を見ていただくとわかるように、ボールを置く位置によってボールが飛び出す方向が変わります。

ドローの場合「出球が右に出て、左に戻ってくる球筋」なので、ボールの位置は右足寄りに置かなければいけません

ボール位置を変えると簡単に出球をコントロールできる

反対に、ボール位置を左足寄りに置くとボールは左に飛び出しやすくなります。

このように、ボールを置く位置でドライバーの出球をコントロールすることができます。

ドローの場合、右に打ち出したいので、ボールを置く位置は右足寄りが最適な場所になります。

ドローの打ち方

詳しいドローボールの打ち方については、私の書いた別記事「ドローボールの打ち方がわからない人必見!一瞬でドローが打てる構え方とは?」内で、詳しく説明をしていますのでぜひご一読してみて下さい。

ポイントは、左に曲がるようにフェースをかぶせて構えることと、アドレスです。

インサイドアウトは自然になるもの

ドローボールを打つためには「インサイドアウトに打たなければならない」と言われます。しかし、これもスイングをいじって自分で軌道を変えなくとも、ボールを右足寄りに置けば自然とできるものなのです。

先ほどの例を思い出してみましょう。ボールを右足の前に置いた時のスイング軌道はどうだったでしょうか?

ドライバーの軌道

ボールを右足寄りに置くと、アウトサイドインに振ろうと思っても振れないように見えませんか?

ボールが右足寄りにある場合、インパクトでは自然とインサイドアウトに振らざるを得なくなりますよ。

ボールが右足寄りにあれば自然とインサイドアウトになる

コメント

タイトルとURLをコピーしました