ゴルフはインパクトで止める!打ち方や注意点は?

飛距離アップのための打ち方や練習方法

ゴルフはインパクトでグリップを止めると、飛距離が伸びます。インパクトで止めることでシャフトがしなり、ヘッドが走るからです。

グリップを止めてヘッドを走らせるにはコツがいくつかあります。今回はインパクトを止めて飛距離アップする方法についてお話します。

スポンサーリンク

インパクトで止めると飛距離が伸びる理由

ゴルフは物体(ヘッド)と物体(ボール)が衝突することで、ボールが飛びます。

ゴルフで飛距離を伸ばすには、ボールと唯一接触するヘッドを走らせて衝突エネルギーを最大にしてやればいいことになります。

ヘッドを走らせるためにはグリップに「急ブレーキ」をかけて止めることです。ダウンスイングから加速してきたグリップがインパクト付近で急ブレーキがかけられることにより、シャフトは「しなり戻り(シャフトが飛球線方向に「くの字」に曲がる現象)」を起こし、ヘッドが飛球線方向につんのめる形になりフェースが閉じます。このときのヘッドの運動量は最大値となり、もっともボールを飛ばせる瞬間になります。

インパクトで止める

グリップを止めるとヘッドの運動量は最大になる

一生懸命振っても飛ばない?

反対にグリップを止めずにそのまま動かしてしまうと、ヘッドが走りません。

ゴルフを始めて間もない方や飛距離不足・スライスなどに悩む方は、ボールを飛ばそうとして手だけを速く振る傾向があります。

グリップにブレーキがかからないのでヘッドが走らず、飛ばない・スライスするといった原因になります。

「手を返す」のではなく「手を止める」

ボールを遠くに飛ばしたりつかまえたりするために必要な「手の返し(フェースターン)」ですが、自分から手を返すのではありません

インパクトでグリップを止めることで、自然と左手が右手を追い越し、手が返る形が正解です。

インパクトで止める打ち方のコツ

インパクトで止める動作はゴルフの飛距離アップにとても有効ですが、打ち方にはコツがあります

①体全体で止める

インパクトでグリップを止めるには、体全体(特に下半身)を使って止めるようにします。体を使って止めることで、より大きなしなりを生み、ヘッドが走るようになります。

水道用のホースやシャフトの柔らかいドライバーを使うと、インパクトで止めてヘッドが走る感覚を実感することができるます。

ムチのようにしなる 広田ゴルフ ロジャーキング スイングドクター ドライバー ヴァージョン

②体が突っ込まないように注意する

インパクトのときに体が突っ込んでしまうと、せっかくヘッドを走らせても意味がなくなってしまいます。インパクトで止めてヘッドを走らせる打ち方は、頭の位置がボールの後ろにある「ヘッド・ビハインド・ザボール」の形が大前提です。

体が突っ込まないようにするためのいい方法があります。

ボールの右側を左目で見るようにすると、自然と体が突っ込まなくなります。またインパクトまで右足体重を意識しても、突っ込みを防止できます。

③フェースが開かないようにテークバック

テークバックでゴルフクラブのフェースが開かないように注意しましょう。フェースが開いてしまうと、インパクトで止めた瞬間にシャンクが起こりやすくなります。

テークバックでは、腰のあたりまでフェース面がボールを見続けている意識を持ちましょう。

ゴルフ テークバック

④インパクト後は右手が左手を追い越すように

インパクトで止めたあとは、右手が左手を追い越した形になっているかを確認しましょう。本来インパクトで止めると自然にこの形になるのが理想ですが、他の部分に無駄な力が入っていると理想的なフェースターンができません。

インパクトの瞬間に左手のグリップを「グッ」と握りこむようにすると、左手にブレーキがかかって右手がスムーズに追い越していきます。

インパクトで止める

インパクトで止める練習方法

ここからはインパクトで止める打ち方をマスターするための練習方法をいくつかご紹介します。

短いアイアンを使ったショートスイングでコツをつかむ

インパクトで止める打ち方をマスターするためには、最初は短いアイアンを使って腰から腰までのショートスイングで感覚をつかみましょう。

使うゴルフクラブは、ピッチングウェッジか9番アイアンでいいでしょう。先ほど説明させていただいた「インパクトで止める打ち方のコツ」を思い出しながら、感覚をつかんで下さい。

ゴルフ インパクトを止める練習

自宅でできる「タオル素振り」

ゴルフは自宅練習がとても大事です。身近にある物を使って、インパクトで止める感覚をマスターしましょう。

ハンドタオルを持って素振りをします。このとき、体全体を使ってインパクトで止めると、タオルの先端が走ります。

水道のホースなど柔らかいものなら代用が効きます。

ドライバーを使ったパンチショット

ゴルフの醍醐味はドライバーという方に向けて(笑)、おすすめしている練習です。

ゴルフのパンチショットというとアイアンのイメージがありますが、ドライバーでも実は使えるショットです。

パンチショットも「インパクトで止める打ち方」ですから、ヘッドを走らせるために有効です。

>>>ドライバーのパンチショットはスライスに効く!

ヘッドを走らせるコツをつかむための最適な器具

インパクトを止めてヘッドを走らせるために、私が愛用しているゴルフ用の器具があります。

「ロジャーキングスイングドクター」という、ムチのように柔らかいシャフトがささったドライバーです。

ドライバー

通常のドライバー同じようにゴルフボールが打てるので、インパクトで止めてヘッドを走らせるというゴルフの基本がすぐに身に付きます。

レビュー記事も公開していますので、興味のある方は参考にしてみて下さい

【ゴルフ練習器具レビュー】ふにゃふにゃシャフトでドライバーの苦手を克服!「ロジャーキングスイングドクタードライバーver」

最後に

ゴルフはスコアメイクも楽しいですが、飛距離が伸びるともっともっと楽しくなりますね♬

会社や仲間内のゴルフコンペでは、今回ご紹介した打ち方をぜひマスターしていただいて、「ドラコン賞」を目指して下さい!

【人気記事】ゴルフ場予約サイト3社比較ランキング!価格や利便性を徹底調査!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました