【簡単】ドライバーでOBをなくすための打ち方と考え方

ゴルフティーショット ドライバーの打ち方や練習方法

ティーショットでOBを出さないことは、100切りを目指すゴルファーには大切な要素です。OBを打つとペナルティ(罰打)が付いてしまうため、それだけでスコアをロスしてしまうからです。

ドライバーでOBが連発するというゴルファーの方には、共通する特徴があります。

その特徴を理解して、ドライバーでOBを出さない打ち方や考え方を知っておくと、ゴルフのスコアは急激に良くなります。

<<この記事でわかること>>

  • ドライバーでOBを連発する人の特徴とは?
  • ドライバーのOBをなくすための打ち方
  • ドライバーでOBを出さないための考え方

この記事の通り実践することで、簡単にドライバーでOBを出さない打ち方や考え方が身に付きます。

スポンサーリンク

ドライバーでOBを連発する人の特徴とは?

ドライバー

ティーショットでOBを打ってしまい、いつもスコアがボロボロになってしまう。「ドライバーさえ上手く打てたらなあ・・・」と悩んでいるゴルファーの方は少なくないと思います。

僕もなかなか100切りできなかったとき、大きな悩みが「ドライバーでのOB連発」でした。

ドライバーでOBを連発する人には、共通する特徴が必ずあります。

「ドライバーは飛ばさなければいけない」と思っている

「ドライバーは飛ばさなければいけないもの」と思っている方は非常に多いですね。

確かにゴルフクラブの中で一番飛ぶクラブなのは間違いありません。

だからといって、力いっぱい大振りしていてはどこに飛ぶかわからず、すぐにOBになってしまいます。「行先はボールに聞いてくれ」と言わんばかりのマン振りでは、ドライバーでOBが出ても不思議ではありません。

「ドライバーはまっすぐに飛ばすもの」と考えている

ドライバーを構えたときに「何とかまっすぐ飛んでくれ~」とブツブツ言っている人をよく見かけます。

ドライバーはまっすぐに飛ぶことの方が珍しいです。

考えてもみて下さい。ゴルフボールは丸いので、一切サイドスピンをかけずに打つのは不可能です。プロゴルファーでもストレートボールが打てるのは稀(まれ)で、必ず左右どちらかに曲げながら打っています。

ドライバーでまっすぐのボールだけを目指してしまうと、左右どちらにでも曲がる可能性があり、OBの確率が上がってしまいます。

「スライスは恥ずかしい」

ドライバーでスライスが出ることを極端に嫌がる人が多いです。「スライスはゴルフ初心者の象徴」みたいな風潮があるからだと思います。

だからといって、普段スライスばかりを打っているゴルファーが、スライスを嫌がって逆球を打とうとするとOBが止まらなくなります。

スライスもフックも両方出る可能性があり、どちらに曲がるかわからずOBになるパターンです。

「ドライバーはフルスイングが基本」

ドライバーが上手な人は、しっかりとフィニッシュまで振り切っていますね。

フルスイング=思い切り振ることと勘違いをしてしまうと、タイミングが合わずに大曲がりしてOBが連発してしまうことになります。

「ティーショットはドライバーじゃなきゃいけない」と思っている

OBを出してしまう方に一番多い勘違いかもしれません。パー3以外のティーショットはすべてドライバーという人は結構多いです。

しかし、ティーショットはドライバーである必要はまったくありません。

例えば200ヤード先が左にドッグレッグしているのに、220ヤード飛ぶドライバーを持ったらどうなるでしょう?少しでも右にスライスしたら即OBになるのは目に見えていますね。

ドライバーのOBをなくすための打ち方

ドライバーで狙いに運ぶイメージを持つ

ドライバーでティーショットを打つ目的とは何でしょう?「可能な限り前に飛ばす」という考えではOBを減らすことはできません

ドライバーの役割はセカンドショットが打てる安全な場所に運ぶクラブです。

ドライバーは方向性がコントロールできる範囲で飛ばすのが基本です。200ヤードを越えるとコントロールが定まらなくなるのなら、ドライバーで狙うのは200ヤードまでと割り切ります。

自分のコントロールが効く距離から逆算してドライバーを打つと、OBを出さないマネジメントが身に付きます。

自分の持ち球で一貫する

ドライバーをどれだけ打ってもスライスしか出ないことを決して恥ずかしく思ってはいけません。スライスしか打てないということは「曲がる方向が安定している」と言い換えることができます。「どちらに曲がるかわからない」という人に比べて100倍マシなのがわかると思います。

曲がる方向が決まっているというだけで、OBは出ません。

「スライスしか打てない」というのであれば思い切り左を向いていつものスライスを打てばいいんです。

曲がらないボールなどない

ゴルフは真っ直ぐに飛ばすべきと思っていませんか?そもそもボールは丸い物体なので、真っ直ぐのボールなんてあり得ないんです。ほんの僅かであれ必ずボールは左右どちらかに曲がるものなんです。

「曲げない」ことに執着することより、自分の得意な方向に曲げて組み立てる方が、ドライバーでOBを出さないためにもっとも有効です。

ドライバーでOBを出さないための正しい考え方とは?

ドライバーでOBを頻発してしまう人は、ドライバー以外のクラブも選択肢に入れることが大切です。

OBに届かないクラブを選択する

例えばあなたのドライバーが220ヤード飛ぶとして、ちょっとでも曲がれば200ヤード先のOBにつかまる可能性があるなら、200ヤードに届かないフェアウェイウッドやユーティリティを持ってティーショットするべきです。

「つかまり度合い」でクラブを選択する

右サイドにOBが続いているなら、スライスの出やすいドライバーをやめてボールがつかまりやすいクラブを選択するのもOBを出さないための戦略です。つかまり度合いは以下の順番で変化し、つかまりが良くなればなるほどフック系のボールが打ちやすくなります。

(つかまり悪)ドライバー < ロングアイアン < フェアウェイウッド < ユーティリティ < ミドルアイアン < ウェッジ (つかまり良)
左サイドにOBが続くホールでは、右に行っても問題がないのでドライバーでもOKという考え方になります。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました