初心者におすすめする7番アイアンの練習方法

7番アイアン ゴルフ初心者

ゴルフの初心者は「7番アイアンで練習をスタートするといい」という話をよく聞きます。長さ的にちょうどよく、ある程度ロフトも付いているので、初心者の方がゴルフに馴染むのにはいい選択だと思います。

ところでゴルフ初心者の方は、7番アイアンでどのような練習をすればいいでしょうか?

<<この記事でわかること>>

  • ゴルフ初心者が7番アイアンで練習すべき理由
  • 初心者が目指すべき7番アイアンの距離
  • 7番アイアンの基本的な構え方
  • ゴルフ初心者の方におすすめの7番アイアンの練習方法

ゴルフ初心者の方向けに、基本となるグリップや構え方まで突っ込んだ内容になっています。100切りを目指す方にも、基本を思い出す意味で読んで頂く価値はあると思います。

スポンサーリンク

ゴルフ初心者が7番アイアンで練習すべき理由

「初心者は7番アイアンで練習しなさい。」

多くのゴルフスクールやゴルフ教本では、初心者に7番アイアンの練習をすすめます。

まず理由のひとつめとして、「長さがちょうどいい」という理由が挙げられます。

ゴルフクラブはドライバーからサンドウェッジまでありますが(パターを除く)、7番アイアンがちょうど真ん中くらいの長さになります。

そしてもうひとつの理由が、「ロフト」です。

アイアンにはロフトという、ボールを上げるための角度が付いています。

6番アイアンや5番アイアンなど、ロフトが立っているクラブは初心者がボールを上げるには難易度がかなり高めです。

7番アイアンくらいになってくると比較的ボールも上がりやすく、「やさしすぎず、難しすぎない」という理由で選ばれているのだと思われます。

つまり7番アイアンは「長さも難易度もちょうど中間に位置するため選ばれている」と認識しておけばOKです。

初心者の方が目指すべき7番アイアンの飛距離

ゴルフの基本となる7番アイアンで練習を始めるにあたり、7番アイアンの「最終目標」を定めておく必要があります。始めるには、何事も目標設定は大切ですからね。

ネットで「7番アイアン 飛距離」と検索すると、アマチュアの平均飛距離は140ヤードや150ヤードと書かれています(男性の場合。女性の場合は90~100ヤード)。

しかし、この数字はあくまで「最大距離」だと思って下さい。というのも、多くのアマチュアゴルファーが「平均飛距離」だと言っているのは、「ちゃんと当たれば150ヤード飛ぶ。だけど120ヤードしか飛ばないときもあるし、150ヤード飛んでも大曲りすることもある」という、とても不安定な数字だからです。

私は初心者の方がこの飛距離を目指すべきではないと思っています。

アイアンは、あくまでも目標を狙うクラブであるため、アイアンの飛距離の基本的な考え方は「安定して狙える飛距離」であるべきだと考えているからです。

恐らく、一般のアマチュアゴルファーが7番アイアンで正確に狙えるのは100~120ヤードが限界だと思っています。それ以上を狙うと、ダフったりトップしたり、大きく左右に曲がったりします。

なので、ゴルフ初心者の方がもし「7番アイアンは150ヤードを目指さなければいけない!」と思っているのであれば、その考えは捨てた方が上達は早いと思います。

とりあえず、男性の方であれば7番アイアンを正確に100ヤード、女性の方なら60ヤードを真っ直ぐに飛ばせることを目標にすると、コースデビューもすんなりできると思います。

7番アイアンの基本的な構え方

グリップの握り方

ゴルフは下手を身に付けないためにも、基本的なグリップを知っておきましょう。

正しいグリップの握り方は、ゴルフ初心者はこの握り方を|おすすめグリップ法をご覧ください。

7番アイアンのボール位置

ボールの位置は、左胸の前あたりを基準にします。

7番アイアンのアドレス

スタンス幅は肩幅くらいに広げます。お尻を空に向けるようにして股関節から前傾し、背中が丸まらないように後頭部と背中がまっすぐになるように構えます。

構えたときに、グリップエンドが左足の付け根当たりを指す「ややハンドファースト」になるようにします。

ゴルフ初心者におすすめする7番アイアンの練習方法

ティーを打つ練習

ゴルフクラブを握ったことがない人がいきなりボールを打つのは難しいと思います。

ですので、最初は素振りをしながら練習場にある「ゴムティー」に当てる練習をするといいでしょう。

ティーアップしたボールを打つ

アイアン

次に、ティーアップをしたボールを打ってみましょう。

フルスイングはせずに、小さなスイングで結構です。ボールが前に飛ぶ感覚をつかみましょう。

このとき、足元に「アライメントスティック」を飛球線と平行に置いて、テークバックとフォローでアライメントスティックと7番アイアンのシャフトが平行になるように気を付けます。

マットの上から直接打ってみる

ティーアップしたボールを7割程度打てるようになったら、マットの上にボールを置いて7番アイアンで打つことにトライしてみましょう。

これも小さなスイングでいいので、前に飛ばせる感覚をつかみます。目安としては、20~30ヤードくらい飛ばせればバッチリです。慣れてきたら徐々に距離を伸ばしていきます。

上手く打てないようなら、再度ティーアップしたボールを打つ練習に戻りましょう。焦らなくても大丈夫です。

もしもボールが上がらないという問題があれば、下の記事を参考にしてみて下さい。(スコア100切りを目指すための少しレベルの高い内容になっているので、あまり深読みしなくても今は大丈夫です。)

 

今日覚えたことを、早速ゴルフ場で試してみましょう。

楽天GORAは、ラウンドするたびにポイントがもらえるので、おすすめです。僕も頻繁にお世話になっているゴルフ場予約サイトで、お得な期間限定クーポンも配布されてるので、ぜひチェックしてみて下さい。

楽天GORAでお得なラウンドクーポンを探してみる 

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました