なぜドライバーを軽く振るだけでスライスがドローに変わるのか?

ドライバー

つかまったドローボールで、ドライバーを遠くまで飛ばしたい。でも、何発打ってもスライスするのは、どうしてだろう…。

あなたは、こんな悩みを持っていませんか?

こんにちは。たけちんです。

 

しっかりとフェースを返しているつもりなのに、願いとは裏腹に、飛ばないスライスになってしまうのは、一体なぜなのでしょう?

 

その悩みは、ドライバーを軽く振ることで解決する可能性が高いです。

多くの人がドライバーを力一杯に振っているため、スライスしたり、飛ばなかったりといった悩みを持っています。

 

「軽く振ったら飛ばないのでは?」と思うかもしれません。

しかし、それは「軽く振る」の意味を間違えているからであり、これからお伝えする正しい振り方をマスターすれば、つかまったドローボールでドライバーの飛距離を伸ばせるはずです。

たけちん

平均スコア80前後、ハンディキャップ8のアマチュアゴルファーです(2021年8月現在/平均スコア80/ベストスコア72)。このサイトでは、100を切り、90を切り、最終的に「平均して80台で回れるようになる」をテーマに発信しています。個人的な目標として、3年以内に「5下シングル」を目指します。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

ドライバーを軽く振るとスライスが治ります

ドライバーを軽く振れるようになると、スライスが治ります。

なぜなら、軽く振るとヘッドが走るからです。

 

あなたのまわりに、「すごい軽く振っているのに、飛ぶな~」っていう人、いないですかね?

涼しい表情でゆったり振っているのに、ものすごい飛ぶ人。

こういう人は、上手にヘッドを走らせているので、ボールがつかまって飛びます。

 

しかし、「軽く振っているのに、何でヘッドが走るの?」という人もいるかもしれません。

そもそも「軽く振る」と「ヘッドが走る」は、矛盾した表現に感じるからです。

どうして、軽く振るとヘッドが走るのでしょうか?

軽く振るとドライバーのヘッドが走るワケ

「軽く振る」というのは「体の動きを静かにする」という意味です。

決して、ドライバーで「ちょこん」と打つ意味ではありませんよ。それじゃ全然飛びませんからね(笑)。

 

一般的に「軽く振ると飛びますよ~」と言われているのは、体の力を抜き、体の動きを抑えて、ヘッドだけを速く・大きく動かすことです。

イメージで言うと、体の動きが1で、ヘッドが9という感じです。

ヘッドの運動量を増やすほど、ボールがつかまって飛距離が出るようになります。

なぜなら、ボールを飛ばす仕事をするのは、他の誰でもなく「ヘッド」だからです。

ヘッドが走らないと飛ばない・スライスする

「飛ばない・スライスする」という人の多くは、「体5:ヘッド5」くらいになっているのだとと思います。

もしかすると、「体7:ヘッド3」という人もいるかもしれません。

「ボールを遠くに飛ばしたい!」と思うと、体を大きく・速く動かしたくなりますよね。めちゃくちゃよくわかります。

なぜなら、昔の僕がそうだったからです(笑)。「思い切り振っているのに、なんで飛ばないんだろー?」って、ずっと悩んでました。

飛ばないのは当たり前で、体ばかりが動いて、ヘッドが全然仕事をしていなかったんですね。

ボールを飛ばす役目を果たすヘッドを走らせなければ、ボールはつかまりませんし、飛ばないです。

体の動きを少なくするとヘッドが走る

イメージとしては、ヘッドの遠心力に引っ張られる形で体が回転するのが理想です。

極端に言うと、体を一切動かさずに、手打ちのように振るとヘッドが走ります。

試しに、ガニ股に構えて、正面を向きながらドライバーを振ってみてください。綺麗な円運動でヘッドが動くと思います。

これが「ヘッドを走らせる」という動きで、ドライバーショットで「欲しい動き」になります。

ドライバーを軽く振れるようになるエクササイズ

軽く振っているように見えて、ドライバーのヘッドがビュンビュン走るスイングを身につけるには、水平素振りが一番です。

水平素振りとは、直立した姿勢で、ドライバーを地面と水平にスイングする素振りのことです。

腕や肩、肘などを柔らかくして振ると、シャフトが首に巻き付くように振れると思います。

僕も昔は極度のスライサーでしたが、毎朝水平素振りをやるようにしてから、ボールのつかまりや飛距離が明らかに変わりましたよ。

詳しいやり方や注意点などは下の記事に書いていますので、よければあわせて読んでみてください。

ドライバーを打つ前に水平素振りを数回やると、ボールのつかまりや飛距離に変化が出ると思いますよ(^^)v

【効果アリ】水平素振りで美しいスイングプレーンを手に入れよう
綺麗なスイングプレーンを作る上で「水平素振り」はとても効果的です。ティーショットの直前や自宅での練習時に水平素振りを行えば、ナイスショットの確率が高まるでしょう。この記事では水平素振りの効果や正しいやり方について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました