【ドライバーのしなりを感じない方へ】しなりで飛ばすコツを解説!

ドライバー

こんにちは。たけちんゴルフです。

ドライバーをはじめ、ゴルフクラブを使ってボールを遠くに飛ばすためには、シャフトの「しなり」を使うことが必要不可欠です。

反対に、しなりを上手に使えないゴルファーの方は、振っている割に飛ばない、こすり球スライスが多い、ヘッドスピードが上がらない、などの問題が起こりやすくなります。

とはいえ、

ドライバーは、しなりを使った方がいいのはわかっているけど、そもそもあんなに硬いシャフトのしなりなんて、どうやったら感じることができるの?

という方も多いと思います。

 

ドライバーで「しなり」を使って打つには、それなりの「コツ」が必要です。

中には最初から上手にしなりを使える人も(少数ながら)いますが、しなりを感じるようになるには、それに特化した練習が必要です

そして、しなりを上手く使えるようになれば、ビックリするくらい飛距離が伸びますし、ボールを捕まえることができます。

 

というわけで今回は、どうすればドライバーでしなりを使った打ち方ができるようになるのか?について、僕の体験談を交えながらお話を進めたいと思います♪

たけちん

JGAオフィシャルハンディ8.6のアマチュアゴルファーです(2022年6月現在/ベストスコア72)。「2025年までにハンデ3以下になる!」を目標に日々練習に励んでいます。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

ドライバーは「しなり」を感じることが大事

ゴルフ好きで、ギアに多少なりとも興味がある方であれば、雑誌やインターネット記事などで「シャフトの評価(口コミ)」を見たことがあると思います。

そこには有名なプロによるインプレッション記事や、一般アマチュアゴルファーによる口コミ投稿が多数掲載されていて、ドライバー選びやシャフト選びの参考になりますよね。

だけど、そんな記事や投稿を見ていて、昔の僕はこう思っていました。

シャフトのしなり具合とか書いてあるけど、みんな何でしなりを感じたり、他のシャフトとの違いがわかるんだろう?

僕には、全然感じないんだけど…。

もしかすると、今この記事を読んでいるあなたも、そうかもしれませんね。

 

当時の僕は、こすり球のスライスばかりで、ドライバーは精一杯振っても200ヤードが限界。

ラウンド中、いつ右すっぽ抜けOBが出るかと、ヒヤヒヤしていました(笑)。

だけど、自分なりに「ドライバーのしなりを感じるための練習」を繰り返すことで、ドライバーの飛距離は250ヤードを超え、ボールを上手くコントロールできるようになりました。

なぜ「しなり」を感じないのか?

そもそも論として、なぜドライバーのしなりを感じないのでしょうか?

僕が思うに、原因は「力の入れ方にメリハリがないこと」だと考えています。

結論を言うと、ドライバーに限らずゴルフクラブでしなりを発生させるためには「力のメリハリ」がとても大事です。

つまり、ドライバーのしなりを感じないのは、あなたの感覚がおかしいのではなく、「ずっと力を入れたまま振っている」もしくは「力を入れないまま振っている」という、力の入れ方にメリハリがないのが原因です。

しなり=車の急ブレーキ

シャフトのしなりは、車の急ブレーキに似ています。

スイング中にシャフトがしなるポイントはいくつかありますが、飛距離に大きく影響するのが「インパクト時のしなり戻り」です。

当ブログのゴルフはインパクトで止める!打ち方や注意点は?でお話していますが、テークバックからダウンスイングにかけて加速してきたクラブヘッドに対して「急ブレーキ」をかけることで、シャフトは大きくしなり戻りを起こします

そして、ヘッドに急ブレーキをかけるためには、手や体にグッと力を入れてグリップを止めるような動きが必要不可欠なんです。

ゴルフはインパクトで止める!打ち方や注意点は?
ゴルフはインパクトでグリップを止めると、飛距離が伸びます。インパクトで止めることでシャフトがしなり、ヘッドが走るからです...

ゆるゆるグリップのままでは、しなりを感じない

しなりを感じるためには、スイング中にできる限り緩めにグリップすることが大事です。

これは緩めにグリップしておくことで、手首を柔らかく使え、自然とコックやタメが発生するからです。

とはいえ、スイング中ずっと緩めのままだと、しなりは発生しません。

先述した通り、しなりは車の急ブレーキと同じ。

インパクト直前で握りや体に力を入れ、グリップを止めなくてはいけません。

これが最初にお伝えした、力のメリハリです。

ドライバーで「しなり」を使って飛ばすための練習方法

とはいえ、上記の方法で急にしなりを感じられるようになり、飛距離が大幅に伸びるかというと、難しいかもしれません。

なぜかというと、先述のとおりスイング中にシャフトがしなるポイントは数点あり、そのすべてを使いこなすことで初めて大きな効果を発揮するからです。

飛距離アップにはインパクト時のしなり戻りがもっとも重要ですが、それを最大限にするためには、スイング全体でしなりを感じ取らなければなりません。

しかし、これまでずっと「硬く」感じてきたドライバーで、しなりを感じろと言うのは無理があると思います。

 

そこで有効なのが、柔らかいシャフトのドライバーを使ってボールを打つ練習です。

柔らかいシャフトなら、嫌でもしなりを感じることができます。

しかも、もっとも大事なしなりを発生させるタイミングやコツもつかみやすくなります。

 

僕自身、ドライバーのしなりを感じないゴルファーの一人でしたが、柔らかいシャフトのドライバーを使った練習をコツコツ続けることで、飛距離を大幅に伸ばすことに成功しました。

僕がよく使っているのが、ロジャーキングスイングドクタードライバーという練習器具です。

ふにゃふにゃのシャフトが付いたドライバーで、実際にボールも打てる優れモノです。

興味がある方は、下の記事をごらんください。

【ゴルフ練習器具レビュー】ふにゃふにゃシャフトでドライバーの苦手を克服!「ロジャーキングスイングドクター DR ver」
なぜかドライバーだけが苦手でスライスする。飛距離が思ったよりも出ない。そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか...

 

男性であれば、女性用のドライバーで練習するのもおすすめですよ。

僕が使っているのは、シャフトフレックスがLの女性用ドライバー(ゼクシオ)です。

3000円くらいだったのでゴルフパートナーでポチリました。

2000年初期のモデルですが、しなりを上手に使えば250ヤード以上ぶっ飛びますよ~♪

「シュパン!!」とムチで叩いたような音が、快感です(笑)。

 

柔らかいシャフトのドライバーで練習を繰り返すと、切り返しのタイミングや、力を入れるタイミングが徐々にわかってくると思います。

ぜひお試しください(^^)♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました