【スライスを撲滅する】右手片手打ちの練習方法とコツ

ドライバー

ゴルフにおいてボールを捕まえてドローを打つためには、右手の動きがとても重要です。

なぜなら、右手の平が向いている方向とフェース面はリンクしているからです。

つまり、右手の動きを見直せば、球筋を自由に操れるということです。

そして、そのためにとても役立つ練習が、今回ご紹介する右手片手打ちです。

 

こんにちは。たけちんです。

僕は以前、ドライバーで200ヤードも飛ばない極度のスライサーでした。

しかし、今では捕まったドロー系のボールで250ヤード以上飛ばせるようになりました。

これも、右手片手打ちを続けたからといって過言ではありません。

右手片手打ちは練習効果が高いと自負していますし、皆さんにおすすめしたいと思っています。

たけちん

平均スコア80前後、ハンディキャップ8のアマチュアゴルファーです(2021年8月現在/平均スコア80/ベストスコア72)。このサイトでは、100を切り、90を切り、最終的に「平均して80台で回れるようになる」をテーマに発信しています。個人的な目標として、3年以内に「5下シングル」を目指します。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

右手片手打ちの練習方法【スライサー向け】

右手片手打ちは、ゴルフにおいて色んなメリットがありますが、今回は【スライサーの方】【飛距離不足に悩む方】向けの練習方法についてお話します。

練習方法はとてもシンプルでして、右手だけでグリップし、ボールを打ちます。

右手は目標と正対させる

右手片手打ちを行うとき、右手の平は目標に向けます。

右手の平で「方向の舵取り」を行いたいからです。

例えば右に飛んだりスライスするなら、右手が空を向いていることを表します。反対に、左に飛んだりフックするなら、右手が下を向き過ぎているということです。

片手打ちを行うことで、インパクトで右手がどこを向いているのかが明確になり、結果としてフェース面の管理が上手くなります。

最初は短いクラブ・ショートスイングで

最初からドライバーを打ちたくなる気持ちはわかりますが(笑)、できれば最初はウェッジなどの短いクラブで、ショートスイング(小さなスイング)から始めるのがおすすめです。

右手片手打ちをやってみると、意外とクラブを重く感じ、短いクラブじゃないとコントロールが難しいからです。最初は、ボールにすら当たらないということもあるでしょう。

短いクラブで上手く当てれるようになったら、徐々にクラブを長くしていきましょう。

右手片手打ちのコツと注意点

右手片手打ちのコツは、手だけで打とうとしないことです。

手だけで打とうとしてもボールに当たりませんし、そもそもボールが飛ばないです。

テークバックしたら下半身で引っ張るような「レイトヒット」を意識すると、ボールに当てやすく飛距離も出しやすいと思います。

右手でフェース面を意識する

いわゆる「下半身リード」が右手片手打ちを上手く打つコツなのですが、たぶん多くの人は右に飛ぶと思います。

スライサーの人は、インパクトで右手が空を向いていることが多いからです。

ボールを捕まえるための右手の動きを覚えるためにも、「絶対に右には飛ばさないぞ!」という強い気持ちを持って、意識的にフェースターンしましょう。

最初は「引っ掛けてもOK」くらいの気持ちで大丈夫です。

右手全体を内旋する

フェースターンをするときには、決して手首をこねるようにしないことです。

右手(腕)全体を内旋(反時計回りに回転させること)させましょう。

イメージ的には、シャフトと右手前腕を一体にして回す感じです。

スライサーは早めにフェースを返しましょう

先述のとおり、スライサーの人はインパクトで右手が空を向いたままのケースが多いです。

最初は早めにフェースターンを行うように意識しましょう。

右手を回すタイミングは、クラブの長さやスライスの度合いによって変わりますので、いろいろと試してみてください。

ちなみに僕の場合、サンドウェッジなら右足の前あたり、ドライバーなら切り返しと同時に右手を返し始めています。

ボールを捕まえるコツを覚えるためには、意識的に右手を早めにターンさせて、左に飛ばすくらいの気持ちでちょうどいいかもしれません。

右手片手打ちが打てると球筋を自由に操れるようになる

右手片手打ちの練習を繰り返すと、右手の使い方がマスターできるので、ボールがどんどん捕まるようになります。

ボールを捕まえれるようになれば、飛距離が伸び、気持ちがいいドローボールが打てるようになります。

反対に、ボールを捕まえたくないとき、つまり意図的にスライスを打ちたいときは、右手を空に向けたままインパクトするイメージで打てばOK。

このように、右手片手打ちを続けると、自在に球筋を操れるようになってくるので、ぜひチャレンジしてみてください(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました