パターをまっすぐ打てない人が、今すぐ試すべきチェック方法

パター

こんにちは。たけちんゴルフです。

今回のテーマは、「パターがまっすぐ打てない問題」です。

 

究極に言うと、パターでもっとも重要なのが、自分が狙った場所へまっすぐに打ち出すこと。

でもこれが意外と難しくて、パッティングに四苦八苦している方も多いと思います。

中には、「自分はちゃんとまっすぐ打てているのだろうか?」と半信半疑の方もいるかもしれません。

 

そこで今回は、パターがちゃんとまっすぐに打てているのかどうかが簡単にわかるチェック方法をご紹介します。

このチェックを行うことで、パターがまっすぐ打てない原因がわかるだけでなく、まっすぐに打つためのコツもつかめると思います。

たけちん

JGAオフィシャルハンディ8.6のアマチュアゴルファーです(2022年6月現在/ベストスコア72)。このサイトでは「安定して80台でラウンドする!」をテーマに、100切りや90切りを目指すゴルファーの方向けに情報発信しています。個人的な目標は「3年以内に5下シングルになること」です。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

パターがまっすぐ打てない理由

結論から先に申し上げますと、パターがまっすぐ打てない、もしくは狙った方向に打ち出せない理由は、インパクト時にフェース面をまっすぐに戻せていないからです。

 

パターの転がる方向は、インパクト時のフェース向きに左右されます。

つまり、どれだけ綺麗にストロークしても、肝心のインパクトでフェースが右を向けば右に転がりますし、左を向けば左にしか転がらないということです。

反対に、極端に言えばどれだけ変な(?)ストロークでも、インパクトでフェースをスクエアに戻すことに成功しさえすれば、ボールはまっすぐに打てるということになります。

 

打ち方のせい?それとも傾斜のせい?

自分がパターをまっすぐに打てているのかどうかを判断するのは、とても難しいです。

なぜなら、グリーン上では平らなストレートのラインで打つ機会は少なく、曲がり幅に違いはあれど、ほとんどが傾斜地(フック or スライス)から打つからです。

 

たとえばカップまで2メートルのスライスラインを打つとしましょう。

このパットが、惜しくもカップの右を外れたとします。

多くの人は、もしかすると「スライスを浅く読みすぎた」と思うかもしれません。

しかし実際には、読みが合っていたにも関わらず、インパクトでフェースが開いてしまったために右に外れた可能性もあるんです。

まっすぐ打てている?簡単にできるチェック方法

パターがまっすぐ打てない、狙った方向に打ち出せているかわからないという方に、とてもおすすめのチェック方法があります。

それは、パターで2個のボールを同時に打つ方法です。

 

やり方はとても簡単で、ボールを2個並べて、パターで打つだけ。

これだけで、インパクト時にフェースをまっすぐに戻せているかを一瞬で判断できます。

 

たとえば、トゥ側(自分から遠い方)のボールが速く転がる方。

この場合、インパクトでフェースが左を向いた「引っ掛け」の形になります。

反対にヒール側(自分から近い方)のボールが速く転がる場合は、インパクトでフェースが右を向いた「押し出し」になります。

 

ちなみに僕は、トゥ側のボールが先に転がる「引っ掛け」の傾向があります。

このチェック方法を行うことで、ご自身の出球(打ち出す方向)の傾向が浮き彫りになるので、超おすすめですよ!

 

2個同時打ちで、等速で転がせるように練習しましょう!

この練習で2個のボールを等速(同じスピード)で転がせるようになると、インパクトでフェースをまっすぐに戻せるスキルが身につきます。

先述したとおり、インパクトでフェースをまっすぐに戻せさえすれば、多少変な(?)打ち方でも、ボールはまっすぐに転がってくれます。

 

コツは、2個のボールにフェース面を同時に当てることに意識を集中すること。

上手くできると、「コツン」というインパクト音を同時に出すことができ、2個のボールが同じスピードで転がってくれます。

反対にフェース面が狂うと、インパクト音がズレることがわかると思います。

パターをまっすぐ打てないという人は、ぜひお試しください(^^)♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました