ゴルフは「へそ」で打つ?手打ちを防いで飛距離・方向性アップ!

スイング

こんにちは。たけちんゴルフです。

今回は「ゴルフは『へそ』で打つ!」をテーマにお話しさせていただきます。

 

ゴルフではよく「手打ちはダメだ!」と言われますよね。

手打ちとは「手先だけで打つ」こと。

ダメと言われる理由としては、飛距離が出ないこと、そして方向性が悪くなることが挙げられます。

やはり大きな筋肉である下半身を中心として、体全体を使った方が飛距離性能・方向性ともに高くなるんですね。

もちろん「手は全く使うな!」というわけではなくて、体の動きを主としつつ、そこに上手く手(腕)の動きを合わせていく、というのが正解なのだと思います。

 

では手打ちから脱却し、体全体でスイングするためには、何を意識すればいいのか?

この記事を読んでいただいている方の中にも、なかなか手打ちが治らないと苦労している人もいると思います。

そこで今回ご提案するのが、へその動きです。

スイング中「へそをどう動かすか」に意識を向けると、軌道が安定し、飛距離も方向性も良くなっていきます。

たけちん

JGAオフィシャルハンディ8.6のアマチュアゴルファーです(2022年6月現在/ベストスコア72)。「2025年までにハンデ3以下になる!」を目標に日々練習に励んでいます。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

「へそ」で打つ意識がゴルフを安定させる

コースに出ると「ボールに当てたい」「曲げたくない」など、いろんな感情が湧いてきますよね?

そんな時、つい手先で当てにいきたくなるのですが…。

思いとは裏腹に、芯に当たらない、当たっても飛ばない、どこに飛ぶかわからない。

もしかすると、シャンクやダフリなどの「大ケガ」もあり得ますよね。

 

スイングに悩んだときは、自分の「おへそ」に意識を向けてみましょう。

ボールに当てたい気持ちを抑え、ただただ「へそを回す」ことのみ集中するのです。

それはまるで、おへその先に付いた棒で、ボールを打つ感覚です。

すると、体がしっかりと回転し、クラブの軌道が安定しはじめます。

へそを回すとは

へそを回すとは、おへその向きをテークバックでターゲット後方フォローでターゲット方向へ回転させることです。

実際にやっていただけると、体がしっかりと回転するのがわかると思います。

捻転不足の解消

よく僕たちアマチュアゴルファーが飛距不足に悩む原因として、捻転不足が挙げられます。

テークバックが浅い人が多いということですね。

 

手だけでバックスイングしてしまうのが主な原因ですが、さまざまな弊害を引き起こします。

テークバックで手元が体の中心から離れていくので、インパクトで振り遅れやすいです。

体はほとんど動かず、手だけが右斜め後ろに上がっていく、いわゆる「お手上げ」というやつですね(笑)。

すると飛距離は出ませんし、方向性も悪くなってしまいます。

 

テークバックでは、積極的におへそを右に回しましょう。

そして、その回転に引っ張られるように、クラブを上げるのです。

 

すると、クラブが常に体の正面にある状態をキープできるので、振り遅れを回避できます。

右足にしっかりと体重が乗るため、フットワークを使ったスイングが可能になります。

特に、僕みたいに体が硬い方は、おへそを右に向ける意識を持つとしっかりテークバックできると思います。

左に振れるようになる

フォローでは積極的におへそをターゲット方向へ向けましょう。

クラブを左へ振り抜けるようになり、正しいプレーンに乗ります。

体の回転とともにフェースが自然とターンするので、無理に手を返さなくてもボールが捕まるようになります。

フォローの回転不足で起こりがちなのが、あおり打ちですね。

インパクト前後で右腰・右膝を前に突き出し、下からすくい上げるようなスイングです。

これは、インサイドアウトに振る意識が強い方や、ボールを上げたい気持ちが強い方に多いように感じます。

特にシャンクやプッシュアウト、チーピンといったミスがある方は、フォローサイドで「おへそ」をしっかりとターゲット方向に向けましょう。

右腰や右膝が前に出なくなり、インサイドへ振れるようになるので、これらのミスが減ってくると思います。

アプローチもへそで打つ!

つい手打ちになりがちなアプローチショットでも、おへそを意識しましょう。

テークバックは手で上げるのではなく、おへその回転とともに行います。

フォローでも、目標にしっかりおへそを向けましょう。

体がしっかりと回転するので、インパクトが安定し、方向性・距離感ともに良くなると思います。

 

このとき、手は常に体の正面にあることを意識します。

よく「グリップエンドをおへそに向ける」と言われますが、そのイメージでも大丈夫です。

 

まるで、おへその先ににクラブが付いているかのようにスイングしてみる。

体の回転で打てるようになれば、きっと飛距離や方向性が格段にアップすると思います。

まずは小さなアプローチショットから試してみてください(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました