失敗するゴルフグリップの握り方【こすり球スライスを撲滅しよう】

ドライバー

ドライバーのこすり球スライスに悩まされていませんか?

ボールをつかまえきれずに狙った方向よりも右に飛んでしまうミスは、飛距離をロスするだけでなくOBの危険さえあります。

とはいえ、ボールをつかまえようと手を急激に返すと、今度は左へ引っ掛けてしまうので「どうやってスイングすれば真っ直ぐ飛ぶのかわからない!」というゴルファーの方は少なくないと思います。

基本的にこすり球に悩む人は、スイングではなくグリップの握り方で失敗している可能性が高いです。つまりボールがつかまえられないのは、そもそも「つかまらないグリップ」をしているのが理由、ということです。

この記事では、弱々しいスライスの球筋を脱却して力強いドローボールが打てるグリップの握り方を紹介します。

たけちん

ハンディキャップ8のアマチュアゴルファーです(2021年8月現在)。自身の体験や失敗談をもとに、ゴルフ上達を願う方やゴルフを楽しみたい方に向けて情報発信。個人的には3年以内に「5下シングル」を目指して奮闘中です。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

つかまらないゴルフグリップの握り方【失敗例】

あなたは、どんな順番でグリップを握りますか?

体の正面でフェース面を目標にまっすぐ向けて、そこからグリップを握る。おそらく多くの人がこの握り方をしていると思います。

イメージ的には下の画像です(わかりやすいように直立しています)。

ゴルフ グリップ 握り方

フェース面をまっすぐにしてグリップを握る。一見問題なさそうだが…

アドレスしたときの目線で見ると、下のような感じです。

しかし、このグリップの握り方は「つかまらないグリップ」です。

なぜかというと、この握り方からハンドファーストにするとフェースが開くからです(下の写真)。

ゴルフ グリップ 握り方

ハンドファーストにするとフェースが開いてしまう

ゴルフはややハンドファーストでインパクトするのが基本なので、これは「つかまらないグリップの握り方」ということになります。

つかまるグリップの握り方【正しい方法】

ボールをつかまえるためには、握る順番を逆にしましょう。

つまり、先にハンドファーストの形を作ってからフェース面を目標に合わせるのです。

ゴルフ グリップ 握り方

ハンドファーストの状態にしてからフェース面を合わせるのが正解

ハンドファーストの状態にして、リーディングエッジを目標に向けます

このグリップの握り方をすることで、ハンドファーストでインパクトをしたときフェース面がスクエアになります。

おすすめのやり方は、画像のように「グリップをヘソの前」「ヘッドを右足の前」に持って行き、フェース面を合わせてから握ります。

右手については、右手の親指と人差し指が作る「Vの字」がアゴと右肩の中間くらいを指すくらいでOKです。

なお、この握り方は中嶋常幸プロが教えている方法でして、つかまった力強いボールが打てる理想的なストロンググリップが完成します。

 

このグリップの握り方のまま体の正面にヘッドをもってくると少しかぶった形になりますが(下の画像)、ハンドファーストにインパクトすることでスクエアに戻るので大丈夫です。

ゴルフ グリップ 握り方

体の正面でフェースが少しかぶるくらいでOK

 

特にドライバーは、大型ヘッドでフェースターンが難しいクラブです。

あらかじめ、つかまえられるグリップをしておくことが大事なんです。

そしてもうひとつ大事なのが、せっかくつかまるグリップの握り方をしているのに、テークバックで台無しにしないことです。

特にトップで左手が甲側に折れてしまう癖がある人は、【ゴルフあるある】なぜ左手が甲側に折れるのか?原因や解決方法を参考にしてみてください。

【ゴルフあるある】なぜ左手が甲側に折れるのか?原因や解決方法
トップで左手が甲側に折れるのを治したいですか?この記事ではゴルフで左手が甲側に折れてしまう意外な原因と対策法を紹介しています。スライスや飛距離不足に悩むゴルファー必見です。

グリップの握り方を変えるだけでも球筋やボールの勢いに変化があるはずなので、週末にでも練習場でぜひ試してみてくださいね(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました