【プロゴルファーも薦める】あおり打ちを直す効果的な練習方法

アイアン

こんにちは。たけちんゴルフです。

今日のテーマは、ゴルフスイングの悪癖「あおり打ちの直し方」についてです。

 

ゴルフというのは、地面にあるボールを飛ばすゲーム。

なので、つい自分でボールを上げようと、下からあおり打ってしまいがちですよね。

 

しかし、あおり打ちは、いろんなミスを引き起こします。

たとえば次のとおりです。

  • プッシュアウト・スライス
  • チーピン
  • シャンク
  • ダフリ
  • トップ
  • ティーアップしたボールしか打てない

 

フェースターンのタイミングさえ合えば、ドローボールで飛ばせる可能性があるのですが、ちょっとでもタイミングがずれると大変です。

やはり安定感に欠けるのがあおり打ちの怖いところなので、安定したゴルフを目指すなら、ぜひ直しておきたいところですね。

 

とはいえ、地面にあるボールを打つと、どうしても下からあおってしまう。

もしかすると、自分があおり打ちになっているかどうかわからない、という人もいるかもしれません。

 

そこで今回は、僕もやっているあおり打ちに効果的な練習方法をご紹介します。

プロゴルファーの方も普段の練習に取り入れているそうなので、効果は絶大だと思いますよ!

たけちん

JGAオフィシャルハンディ8.6のアマチュアゴルファーです(2022年6月現在/ベストスコア72)。このサイトでは「安定して80台でラウンドする!」をテーマに、100切りや90切りを目指すゴルファーの方向けに情報発信しています。個人的な目標は「3年以内に5下シングルになること」です。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

あおり打ちを直すにはティーアップ練習がおすすめ

あおり打ちを直すには、ティーアップしたボールをアイアンで打つ練習がおすすめです。

ドライバーで使う高いゴムティーにボールを乗せ、ボールだけをクリーンに打ちましょう。

この練習を繰り返すと、あおり打ちの悪癖を取り払うのに高い効果を発揮します。

 

どうして高くティーアップするとあおり打ちに効果があるのかというと、ティーアップしたボールに対してクラブが下から入ると、まともにボールが飛ばないからです。

「ボコッ」というゴムティーの音とともに、ボールが弱々しく舞い上がるのは、下からあおっている証。

レベルブロー、もしくは軽いダウンブローで入れないと、綺麗にボールが飛んでくれません。

宮本勝昌プロも、Youtubeで紹介していますね。

後ろにボールを置くとさらに効果的

宮本プロの動画の中で、ティーアップしたボールの後ろにもう一つボールを置く方法が紹介されています。

高くティーアップしたボールを打つ練習は僕も以前から行っていたのですが、後ろにボールを置くというのはとても良いアイデアだと思いました。

後ろに障害物があることで、よりレベル~ダウンブローを強く意識できます。

 

しかし、練習場だと多少危ないので、僕はボールの代わりに折りたたんだタオルを置くようにしています。

 

あおり打ちは、想定外のいろんなミスを引き起こします。

皆さんもぜひティーアップ練習を取り入れてみてはいかがでしょうか(^^?

コメント

タイトルとURLをコピーしました