【自宅OK】憧れのダウンブローを手に入れる!練習器具おすすめ5選

ゴルフ用品

ダウンブローをマスターするための練習器具をお探しではありませんか?

この記事では、憧れのダウンブローを手に入れるためのおすすめ練習器具をご紹介します。

アイアンをダウンブローに打てると、次のようなメリットがあります。

  • ダフリやトップなどのミスが激減する
  • 飛距離が伸びる
  • 距離のバラつきがなくなる
  • 方向性が良くなる

ダウンブローは単に上から打ち込むようにしても上手くいきません。

ダウンブローをマスターするには、ハンドファーストはもちろん、正しいスイング軌道、適正なリストターンなどゴルフの基本的な要素が必要不可欠です。

ゴルフを始めたての頃から正しい基礎を身に付けてきた人はともかく、自己流でやってきた人はこれからご紹介する練習器具を使って悪癖を取り除くことをおすすめします。

癖というのは頑固で、練習器具などで強制的にやらないと治らないからです。

しかし、練習器具を用いて正しい練習を繰り返せば、必ず身に付きます。

ダウンブローをマスターできれば、ミスが大幅に減ってスコアがよくなるだけでなく、ボールをクリーンにヒットできるので雨の日のようなライが悪い状況でも崩れにくくなります。

アイアンの飛距離がアップしたり距離感が良くなるので、ぜひチャレンジしてみてください。

たけちん

平均スコア80前後、ハンディキャップ8のアマチュアゴルファーです(2021年8月現在/平均スコア80/ベストスコア72)。このサイトでは、100を切り、90を切り、最終的に「平均して80台で回れるようになる」をテーマに発信しています。個人的な目標として、3年以内に「5下シングル」を目指します。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

ダウンブローをマスターする練習器具おすすめ5選

ダウンブローをマスターするのに適したおすすめの練習器具をご紹介します。

トータルゴルフトレーナー

ダウンブローのインパクトを実現するには、大前提として右手首の角度をほどかずにハンドファーストの状態を保たなければいけません。

しかし、ほとんどのゴルファーがインパクト前で右手首の角度がほどけてしまうためダウンブローに打てず、手前を噛んだインパクトになっています。これでは飛ばない、距離がバラつくといった原因になりますし、最悪の場合ダフリやトップが出てしまいます。

とはいえ、スイング中に右手首の角度が維持できているかを確認するのは、とても難しいかもしれません。

そこでおすすめなのが、トータルゴルフトレーナーです。

いわゆる「ハンドファースト養成ギブス」みたいなもので、これまで染みつけてきた「悪癖」を取り除くには最適です。

ちなみに、インパクトで右手首の角度を維持するのはアプローチでは特に必須で、ほかにもドライバーの飛距離アップや方向性を向上させるのにも効果的です。

スイング跡が付くマット

ダウンブローは、ボールに当たった後で芝を擦るスイングです。

そのため練習場では、ボールの「カツン」という音の後に、マットを擦る「シュッ」という音を鳴らすように打つのが正解です。

しかし、こんな疑問を感じることはないでしょうか?

音を聞いても、ボールが先に当たったのかマットが先に当たったのかよくわからない。

慣れればわかるようになるのですが、両者の音はほぼ同時になるため、はじめのうちは聞き分けが難しいかもしれません。

音でわからなければ、目で判断しましょう。

ゴルフマットには打った跡が残るものが市販されていて、音や打感に頼らずダウンブローで打てたかどうかがすぐにわかります。

練習場に持ち込んでもいいですし、柔らかい練習用のボールがあれば、自宅で好きなときにダウンブローの練習ができますよ。

スピードトラップ

アイアンをダウンブローに打てない人に多いのが、ダウンスイングでシャフトが寝てしまうことです。

極端にインサイドから入るため、ダウンブローに打てないばかりか、ダフリやトップ、シャンク、プッシュアウト、チーピンなどあらゆるエラーを引き起こしてしまいます。

ダウンブローでボールを捉えるためには、何よりもまずはスイングプレーンをインサイドインに近づけることが理想的です。

スピードトラップは、インパクトエリアのスイング軌道を整えるのに理想的な練習器具です。

付属の赤い柱に当てないように打つことで、自然とあなたのスイングを正しい軌道へ導いてくれます。

柱は合計4本ですが、マジックテープで着脱できるので、ご自身のスイングの癖に合わせて本数や配置を変えることができます。

たとえば、シャフトが寝る癖がある人は、左奥と右手前に柱を置くことで、過度にインサイドから入る軌道を修正でき、ダウンブローでヒットしやすくなります。

柱はスポンジ状の素材を使用しているので、当たってもクラブを傷つける心配はありません。

フレループ

ダウンスイングでシャフトが寝てダフる癖がある人や、正しいフェースターンを覚えたい人には、フレループという練習器具がおすすめです。

曲がったシャフトの先に重りがついた、ちょっと変わった素振り専用の練習器具ですが、毎日振るだけでダウンブローに必要な正しいスイング軌道、正しいフェースターンが身に付きます。

ダウンブローをマスターするには、ゴルフクラブの「重心」を上手く使うことが必要です。

しかし、シャフトの延長線上に重心がない「偏重心」のゴルフクラブでは、多くのゴルファーが重心を上手く使えず、ボールの手前をダフってしまいます。

とはいえ、アイアンやドライバーを振っても「重心がどこにあるか?」を感じるのは結構難しいです。

ゴルフクラブの偏重心を極端に再現したフレループは、ゴルフクラブの重心を常に感じながら振ることができます。

手前をダフることがなくなり、極端なフェースターンも防げます。さらに、重心を制御できるので、遠心力で自然と綺麗なスイングプレーンに近づきます。

石川遼プロをはじめ多くのプロも愛用している、大ヒット練習器具です。

※レビュー記事を公開していますので、この練習器具が気になる方は参考にしてください。

【フレループのレビュー&評価】室内もOK?素振りだけでスイングが良くなるゴルフ練習器具
評価: こんにちは。色々なゴルフ練習器具をとっかえひっかえしている、たけちんです。 ゴルフに関してこ...

MIZUNOリストナビ

ダウンブローに打てない人の中には、スイング中に左手首が甲側に折れてしまう人も多いようです。

ダウンブローに打つにはハンドファーストインパクトが必須で、トップからインパクトにかけて左手首は伸ばしたままにしておかなければいけません。

左手首が甲側に折れるフェースが開くので、ダフリやスライスの原因になります。

この癖がある人は、リストナビを使ってみてはいかがでしょう?

グローブの上から装着するだけで、左手首が曲がらないようにロックしてくれます。

ダウンブローのインパクトのほか、スライスの軽減、飛距離アップにも効果的ですよ。

※レビュー記事を書いていますので、詳細が気になる方はよければ参考にしてください。

MIZUNO(ミズノ)リストナビのレビュー【結論=スライサーは買いです】
ミズノ「リストナビ」のレビューを知りたい。スライサーや飛距離不足のゴルファーに効果があるって聞く...

コメント

タイトルとURLをコピーしました