ダウンブローを素振りでマスターする際の注意点【打ち込む意識はNG】

アイアン

ダウンブローを「素振りでマスターしたい」という方は多いと思います。

ボールを打つとすくい打ちなどになりやすいため、素振りの方が正しいスイングを身に付けやすいです。

僕も普段からダウンブローを意識するため、素振りに多くの時間をかけるようにしています。

 

ここで注意しないといけないのが、間違った素振りをしてもダウンブローをマスターできないという点です。

そこで今回は、次の2点をテーマにお話をします。

  • ダウンブローを素振りでマスターする際の注意点
  • 素振りでチェックすべき5つのポイント

今回の内容に沿って素振りを繰り返していただくことで、効率的にダウンブローのスイングをマスターできると思います。

たけちん

平均スコア80前後、ハンディキャップ8のアマチュアゴルファーです(2021年8月現在/平均スコア80/ベストスコア72)。このサイトでは、100を切り、90を切り、最終的に「平均して80台で回れるようになる」をテーマに発信しています。個人的な目標として、3年以内に「5下シングル」を目指します。

たけちんをフォローする
スポンサーリンク

ダウンブローを素振りでマスターする際の注意点

注意点は、ダウンブローだからといって上から打ち込むような動作をしないことです。

なぜかと言うと、ダウンブローとは上から打ち込む動きではなく、正しくは体重移動によるスイング円弧の移動だからです。

 

下の図がわかりやすいと思います。

ボールを体に中央にセットした場合、アドレス時のスイング最下点(赤点線)はボールの真下ですが、左への体重移動によって最下点がボールの先に移動します(青点線)。

これが正しいダウンブローのイメージです。

ダウンブローの図

ダウンブローを素振りでマスターするのは効果的ですが、言葉のイメージで上から打ち込む意識で繰り返してもあまり意味はないかもしれません。

そこで、次から紹介する「5つのポイント」に沿って素振りを行うと、ダウンブローを効率的にマスターできると思います。

素振りにおける5つのポイント

素振りの際、僕が気を付けているポイントは次の5つです。

  1. 下半身で振る
  2. 左腕リードを意識
  3. 音がフォローで鳴るように
  4. 左足の前でマットを擦る
  5. 右手首の角度を変えない

それぞれ説明します。

①下半身で振る

ダウンブローをマスターするには、何より先に下半身主導で打つことを覚える必要があります。

先述の通り、ダウンブローは正しい体重移動によって行われるからです。反対に、手だけで打ち込むようにすると正しいインパクトになりません。

 

効果的なのは、歩くように振るステップ素振りです。

やり方は下記の通りです。

  1. 左足に体重移動しながら左足前にヘッドを振り出す
  2. 右足に体重移動しながらテークバック
  3. 左足を踏み込んでダウンスイング
  4. フィニッシュまで振り抜く

ポイントは、体の回転に対して、腕が遅れるように振ることです。

タオルの先端を結んで振ると、遅れて振る感覚がわかりやすいです。

ゴルフが激変するタオル素振りの効果【間違ったやり方では効果なし】
ヘッドスピードを上げてボールをもっと遠くに飛ばしたい方。タオル素振りはヘッドスピードを上げるだけでなくゴルフ上達に欠かせない動きをマスターできる効果的な練習です。間違ったやり方では効果が出ませんので、この記事で確認することをおすすめします。

②左腕リードを意識

ボールの先にあるターフを取るように打つダウンブローでは、左腕リードの意識が上手くいきます。

左肩はボールより先に位置しているので、左腕リードに振るとボールの先のターフを薄く長く取りやすくなります。

反対に、右腕を主体に振ると、手前をダフリやすくなります。これは右肩がボールより後ろに位置しているためです。

素振りでは左腕を伸ばしたまま振り、右腕はインパクトまで曲げたままにしましょう。

③フォローで音が鳴るように

スイングの最下点がボールの先にくるダウンブローでは、フォローでヘッドスピードが最速になるスイングがマストです。

よくゴルフ雑誌や教本で「フォローで『ビュンッ!』と音が鳴るように」という、アレですね。

左腕リードでボールの先のターフを薄く取るイメージを持つと、自然とフォローサイドで音が鳴るように振れると思います。

スイングが最速の場所で音が鳴る練習器具を使うと、感覚をつかみやすいです。

ダイヤスイング525を使ってみたレビューと口コミ情報
ダイヤゴルフのスイング練習器「ダイヤスイング525」を買ってみたレビューです。個人的には、振り遅...

反対に、体の右サイドで音が鳴ると、すくい打ちになりやすいので注意しましょう。

④左足の前でマットを擦る

ご自宅や練習場のマットを使うと、効果的な素振りができます。

それは、左足の前でマットを擦るように振る素振りです。

下半身主導で、左に体重移動しながら左足前のマットを薄く擦るように素振りを行います。

⑤右手首の角度をほどかない

ダウンブローに打つには、ヘッドよりもグリップが先行したハンドファーストのインパクトが絶対条件です。

ハンドファーストを保つために、トップでできた右手首の角度をインパクトまでほどかないように素振りを行いましょう。

 

ちなみに、ダウンブローをマスターするには、練習器具を使うとさらに効果的です。

【自宅OK】憧れのダウンブローを手に入れる!練習器具おすすめ5選で紹介しているので、興味がある方は参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました